スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙の本

11 23, 2015
梅ソフトクリームのポスター+枠 
強気なのか弱気なのかわからない ソフトクリームのポスター



先日 京都百万遍知恩寺で開催された古本市に行きました。
毎秋恒例の古本市です。
古本好きの皆々様が三々五々
黄ばんだ古書籍を選んだり 手に取ったり 頁をめくったり。


仏教や茶道関係の書籍が多いのは土地柄でしょう。
もちろん、他にもいろいろと 堅い本から軟らかい本まで
どっさりと並んでいて
楽しいったらありません。

普通の書籍のほか、
美術展の目録や 映画のパンフレット、
婦人雑誌の付録本、尋常小学校の教科書、
古地図に和綴じの本。
そういった古い紙ものが てんこ盛り。

百万遍古本市+枠 

 
今回、いちばん感動したのは
下の画像の一揃い。
見えますか?
『アラビアンナイト』 『神曲』 『クリスマスカロル』
『カンタベリー物語』・・・・・
洋書の『世界名作全集』の背に
一冊々々 手書きの書名札が貼り付けられています。
この本、大切にされていたんですね。
手書きの書名+枠 



何度か ここの古本市で
山下先生や三上秋果先生のご著書を見つけたことがありましたので
今回も! と気合を入れて出かけましたが
今回は両先生のご本とは出会いがありませんでした。
残念。

萩書房の立て看板+枠 


最寄駅から知恩寺までの道にも
何軒かの古本屋さんがあるのですが
古本市の日には 各店が 店の前に
商品の古書を並べるものですから
古本好きの皆さんが そこここに引っかかってしまっています。
皆さん、なかなか会場にたどり着けません。


電子書籍の長所は 大いに認めますが
やっぱり 紙の本は好いなあ。
場所をとろうと
黄ばもうと
銀色の紙魚が走ろうと。




Posted in 未分類

ペン字収穫祭

10 23, 2015
イエローマジックトレイン2+フレーム  
創設80周年とやらで
イエローマジックトレインまで走らせて
気合いを入れた、かのように見えた
今年の阪神タイガースでした。


イエローマジックトレイン4+枠 
一時は首位に立ちました。
まだまだわからんと思いつつ
ちょっと期待もしました。

イエローマジックトレイン3+枠 
しかし案の定 首位からずるずると落ちて
自力ではCS 出場もできなかったというていたらく



イエローマジックトレイン1+枠 
最終戦だって 九回表に
ノーアウト二塁三塁となって
クリーンナップ登場!という場面
「いけるかも!」って思ってしまいましたが
阪神は やっぱり阪神やったわ。
関本選手、和田監督、お疲れさまでした。
マートン選手も阪神から離れてしまうのでしょうか。
寂しくなるなあ。

・・・・・ いいかげんに タイガースの愚痴はやめにして
ステキなペン字収穫祭の話をしましょう。



2015年10月3日(土)
東京にて 山下静雨先生門下生の勉強会(+ 親睦会 + 二次会 )
称して『 ペン字収穫祭 』 が行われました。

『収穫祭』・・・すてきな会名ですね。
山下先生にお目にかかって たくさん勉強して
たくさん収穫してくださいね、という
幹事さんの思いが込められているように感じます。

この 山下先生門下の勉強会、
これまでは 1月、7月、と
過酷な気候の時期に開催されていたのですが
今回から10月、4月となりました。

気候が良い時期で
先生のお身体へのご負担も少しは軽減されるかと。

今回の会場は ずいぶん豪華な会議室で
厚みのあるカーペット、ふかふかの椅子、
まるで国際会議でも開くような会議室でした。

そんな素敵な会議室で
行われた会の内容は。



自己紹介

ペン字歴、その他趣味のこと、お仕事のこと、近況報告、など。
ご出産を機に字を書く機会が多くなった、というお話や
お子さんの連絡帳の字のことなど
いろいろと興味深いお話ばかり。

私はいつも
「ペン字の他の趣味」 についてうかがうのを
楽しみにしています。

今回も 趣味がピアノ、という方がいらっしゃったり
シャンソンを始めた、という方がいらっしゃったり
大黒岳歩きを楽しんでいるよ、という方がいらっしゃったり
皆さん、いろんな抽斗をお持ちだなと
楽しくうかがいました。



関東地区、関西地区での勉強会の活動報告

長い歴史のある関東地区自主勉強会の取り組みは
とても勉強になります。
関東・関西 両地区共に
「勉強会の取り組み、事務方に関わってみたい」という
お若い方を熱烈募集中です。



雨城 さんによる研究発表

研究発表といいますか、
初心者向けのお助け講座といいますか、
先生にお手本をいただいてから練習まで
具体的にはどうすればいいのか、という
手とり足とり講座を
関東の勉強会でやってみたよ、というご報告。

最初にいただくのは 楷書の漢字のお手本だけれども
そのうちにお手本が肉筆になり、
さらに こういったお手本が続々といただけます、
だから 最初のほうでやめてしまうのは
すごくもったいないですよ~、という
とても親切なアドバイスです。

関東地区の入会したて会員さんは
幸せですね。
こんな初心者向け親切講座があって。

関西でも こういうことは
ぜひ、やっていくべきなんだろうなあ、と
深く考えさせられました。
誰かやってくれませんか。



静風さんによる 硬筆検定一級受験対策講座

先の試験で一級合格、更には賞を受賞なさった
静風さんによる、HOT な受験対策講座です。

ほかほかの受験体験からの
お役立ち項目満載のレポートです。

特に、山下先生の門下生に必要だと思われる対策について
重点的に教えてくださいました。

静風さんと同じく、先だって一級に合格なさった静扇さんの
「アガリ対策」 について、会の前にうかがったのですが
「本当に、すごく緊張しちゃったので
  次は アガリ対策として
  水筒にお酒を入れて来ようと思った。」
と おっしゃっていて
爆笑してしまいました。
さすがは 酒豪の静扇さんです。
さらっと一級に合格なさったので 「次 」は無いわけですが。

ま、 蘭亭序なんかも
一杯機嫌で書いたものだと言われていますので
ちょっときこしめしたほうが
良い書が書ける、という場合があるかもしれませんが
それでもやはり
きゅっと一杯ひっかけて 硬筆検定一級に合格!って
伝説になりそうですね。



静邨さんによる
「子どもたちを指導していて気がついたこと」

静邨さんが ご自宅のあるマンションの
コミュニティ・ルームのようなスペースで
お子さんたちのための教室を開いていらっしゃるのですが
そこで 気がついたこと、として
鉛筆やペンの持ち方についての考察や
矯正器具についてのトピックをご披露くださいました。

そこから 波及して
現在 学校で普通に使われている鉛筆の濃さであるとか
硬筆コンクールで使われている鉛筆の濃さであるとか。

鉛筆の濃さとして、
HB は もはや主流ではない、なんて知りませんでした。

お子たちの筆圧が
ずいぶん弱くなってきているのでしょうか。
道理で「ぬるぬるしたインク系統のボールペン」ばかり
増えているわけです。



山下先生による書法解説

待ってました!
の 山下先生による講義!

これがまた ものすごく勉強になるので
皆さんの目の色が ピッと変わるのがわかるほど。

先生が添削をなさっていて
気になった、ということを中心に
連綿のこと、筆意のこと、
紙の位置のこと、など、など、など、など・・・・

特に どこでもいつでも出る質問
「線のキレとは?」
「線の冴えとは?」
「キレのある線はどうやったら書ける?」
について 詳しく教えてくださったのが
涙の出るほどうれしい。
これを教えていただけただけでも
出向いてきた甲斐があった!
という方も多かったのでは。

( わたくしは親切なので
 このことについては後日あらためて
 先生がおっしゃったことを きちんと書きます。)

先生が「ツライ、苦手」 とおっしゃりながら
皆の前で実際に書いてくださった時には
わあっ!と皆が群がり
先生を取り囲み
スマホやカメラを向けて撮るやら
のぞきこむやらの大騒動。

本当は、本日のブログのトップの写真には
先生がお書きになっているところの写真を掲げたかったのですが
どの写真も他の方が必ず写り込んでいるので
断念しました。



そんなこんなで
あっという間の三時間半。
勉強会のあとは親睦会です。



親睦会では
スカイプで 関西の長老 雨径さんを呼び出して
乾杯の音頭をとっていただきました。

三時間半、ペン字の勉強をしたんだから
もう ペン字の話はいいや、ということになろうはずもなく
続けてのペン字話。

先生がお使いになっているペン軸を出して見せてくださったら
みんな、カメラに収めるやら ブランド名をメモるやら
スマホで売っているところを検索するやら大騒ぎ。

皆さんのお気持ち、よくわかります。
先生と同じペン軸を使えば
もっと上手く書けるかもしれないし、
それよりなにより
自分のアイドルと同じものを使いたい!という気持ち。

・・・というようなことを
大阪に帰ってから知人に話したところ
「いいねぇ、自分のアイドルと
  直接お話しできたり、一緒にお食事できるやなんて。
  私も チャンミンと一緒にごはん食べたい。」
と うらやましがられました。
チャンミンて誰やねん。


それでも 徐々に
ペン字以外の話題が出てくるのが
この親睦会です。

株指南あり、
ドクトルO とM 院長のドクターズ トーク セッション あり、
「次の女子会までには結婚します!」 という勇ましい宣言あり・・・・



食事が終わっても
更に 先生にお付き合いいただいて
いつものファミレスにて 二次会に突入。

ファミレスの待合席では
恒例の「雨攝先生による 清書チェック」がありましたが、
そういえば この雨攝さん、
静風さんの初クラス(わー!パチパチパチパチ)に
「行きます」 と早々に宣言なさったそうで。

静風さんのお手伝いができれば、と
アシスタントとして来るのか
初クラスの見届け人、
オブザーバーとして来るのか
それとも 物見高い野次馬として
冷やかしに来るのか
シッシッと追われても
「ぜーったいに行きますから。」 と言い張る
大先輩なのであります。


そして、このファミレスでも
山下先生は 実際に書いてご指導くださいましてね。
またもやワッと群がる弟子一同。

周りのお客さんが
「なに? あの人 有名人? 作家とか?」
と ヒソヒソ。



昼一時から九時半に解散するまで
なんと八時間半の間
山下先生は 弟子たち一同に
話しかけ、教え、諭し、
いろいろな話をご披露くださり、
実演してくださり、
ずっとずっと そうやってくださっていたのです。

山下先生、ご帰宅になられてから
お疲れがどっと出たり、
喉を痛めていらっしゃらないかしら、と
あとになって気がかりになるのですが
当日は なにせ うれしさのあまり
すっかり甘えてしまっている私たち。



↓ これは とある座談会での山下先生のお話。
山下先生談「寛容と親身」 

山下先生は三上秋果先生のことを
「寛容と親身」 と表現していらっしゃいますが
まさに、私たちは山下先生のことを
そう思っています。
いくら感謝しても感謝しきれるものではありません。




今回は 特に
参加者がちょっと少なめだったぶん
じっくりと先生のお話をうかがうことができた
大、大、大満足な勉強会でした。

次回の
「山下先生の全国門下生 勉強会」は
四月十六日(土)だそうです。

山下先生の門下生で
今回 ご都合がつかなかった方、
また これまで参加したことがなくて
ちょっと躊躇なさっている方、
ぜひ、ぜひ! ご参加になられることを
全力でおすすめします。

悪いことは言わないから
ほんと 来るべきですってば。








お江戸へGO

10 02, 2015
埴生の宿+枠 
埴生の宿




今年の一月に東京に行ったときに泊まった
「 昭和な お宿 」の話です。

今年一月におこなわれた
ペン習字研修センターの新年会のため
東京に行ったのですが
ホテルをどこにしようか、と
旅行社のサイトでいろいろと見比べていたら
『 ホテルタチバナ 』 というホテルが目に留まりました。

古くて、エレベーターもない(四階建て)
こじんまりしたホテル。

しかし会場に近いし
ずいぶん安いし
利用者のレビューがすこぶる良い。

面白そうなホテルだなあ、
でも大丈夫かしら。
木賃宿だったり、別の目的のホテルだったら
いやだなあ。

・・・と思いつつ
なにせ好奇心が旺盛なもので
そのホテルを予約してしまいました。



ホテルの入口を見て とても不安になりました。
あ、ちょっと間違えたかも。

入口+枠 


フロントの女性が感じのいい方で一安心です。
しかし、部屋のキーがいまどきコレ!

部屋のキー+枠 


エレベーターがないので
荷物を持って えっちらおっちら階段を上ります。
階段を上がったところに
こんなコーナーがありました。
バックパッカーが宿泊するゲストハウスに
よくこういうのがありますね。
電子レンジが使えるのは便利です。

レンジ+枠 


部屋のドアの上に
部屋番号のプレートが貼ってあります。

ドアの上の札+枠 



部屋の入口はこんな感じ。
靴を脱いでお部屋に上がりますよ。
私が一人暮らしを始めたばかりのころ
こんな入口のアパートに住んでいました。

部屋の入口+枠 


部屋の中には、ベッドと木の机、椅子。
年季の入った机ですが
塩化ビニールのデスクマットが敷いてあるので
ペン字族にはうれしいですね。
生意気にも 有線LAN、Wi-fi が使えます。

部屋の中+枠 


目覚まし時計はデジタルではなく
こんなレトロな時計が置いてありました。
針に蛍光塗料が塗ってあるタイプです。
目覚まし時計+枠 


灰皿は よしもと新喜劇の島木譲二師匠が
お喜びになりそうなタイプ。
禁煙ルームがあれば良かったな。

灰皿とマッチ+枠 


そしてもちろん
洗面器はケロリンである!
お風呂は 浴槽の外に洗い場がついていました。

洗面器+枠 


このホテルタチバナ、
ポイントが高いのは掃除が行き届いていること、
寝具や寝間着がパリッと清潔に洗いあげられていることです。

きれいずきの友達のアパートに
お泊りに行ったような気分になります。


とても気に入ったので
今週末、十月三日におこなわれる
山下先生の門下生の集いの際にも
このお宿に泊まろうと思いました。

・・・が、予約を入れようとすると
該当の日が満室。

あら~、残念!

と、仕方なく 他のホテルを当たってみたら
他のホテルも 軒並み満室、満室、満室、満室、満室!!!!

ええええええーっ!
これは困ったな。
なぜ、ホテルが空いてないんだろう。

で、ようやく思い出しました。
そういえば 十月一日は国慶節で(中国の建国記念日)
十月の第一週は中国のゴールデンウィークなのでした。

東京のホテルというホテルは
人民御一行様に占拠されたと見ゆる。

ホテルがとれない、と焦りましたが
山下先生や、会の幹事さんが
早くに日程などを知らせてくださったのが幸いして
今年できたばかりの
(おそらくまだ中国語のガイドブックに載っていない)
ホテルに 早割オトク価格で予約を入れることができました。

昭和の雰囲気を残すステキなお宿 ホテルタチバナに
泊まりたかったけれども仕方がない。
今週末は ピカピカのできたてホテルに泊まってきます。



Posted in 未分類

第一回 ペン字検定

09 27, 2015
白わんこと団子+枠


九月のペン字自主勉強会 in 関西 で
硬筆書写検定のことが話題にのぼりました。



「関東在住の山下先生門下生の方々が
 どんどん最高位 一級に合格なさっている、
 しかも 賞まで受賞なさっている。
 こんな難しい試験なのに、本当にすごい。」

「ほんまにすごい。」

「そもそも、第一回のペン字検定で
 一級にトップ合格、文部大臣賞まで受賞なさったのは
 山下先生なんだよね。」



・・・というような話から
いろいろな疑問が 皆さんから出てきましてね。

その第一回ペン字検定、
三上秋果先生をはじめ、山下先生、そのほか
そうそうたる先生方が受験なさったということを聞いているが
そんな試験の問題は誰が作ったのか?

第一回の試験問題は
現在の問題と やはり、だいぶん違うのだろうか?
三上先生や山下先生が
速書きや 掲示文をお書きになったとは思えない。

そして、誰が合格、不合格の判定をしたのか。 
三上先生の答案を見て
「うむ、これは合格でよかろう。」
なんて言うのは 失礼なのではないか。


などと わやわやガヤガヤ 
勉強会の出席者のあいだで会話がはずみました。


帰宅してから
ちょっと「第一回 ペン字検定 試験問題」 で検索してみましたが
ま、出てきませんわ。

本当に知りたい事の答えは
ネットに載っていない。



三上秋果先生、山下静雨先生が出席なさった座談会の記録に
第一回ペン字検定のことについて
すこし触れていらっしゃる部分がありましたので
下に載せておきます。

何年か前に 新年会で
山下先生が 第一回ペン字検定について
お話くださったことがありますが
それにもつながる内容です。




 座談会1


座談会2 


座談会3 


座談会4 



なんと、山下先生
「愉快な試験だった・・・・」
なんておっしゃってますよ!

試験に愉快さを感じながら
最優秀トップ合格なさってしまうのだから
やはり 師匠の背中は 遥かに遠いです。





月見団子+枠 
中秋の日のおやつは
もちろん月見団子であります。
十時のおやつ、三時のおやつ、
二度とも月見団子をいただきました。


手が届く目標 遥かに遠い目標

09 16, 2015
Frogs Dinner+枠 
(神戸・元町のイカすカフェ)



山下葉雨さんの『葉雨ペン字教室』のサイト、
作品を拝見して勉強になるだけでなく
また コラムが良いんです。

「ペン字を続けて思うこと」や
「楽しいペン字!」を読むと
まさに私もそう思っているのよ!ということが
書かれていて驚くことしばしばです。

ほんと、葉雨さんの感じていらっしゃることと
私が感じていることは
似ている、というかそっくりなのです。
入門時期がとても近い、ということも
その理由の一つかもしれません。



「楽しいペン字!」の中の
2. 師匠との距離 」も、
私が感じていることと全く同じです。

( ただ、私が漠然ととりとめもなく感じているだけですが
  葉雨さんは きちんとすじみち立てて
  わかりやすく しかも品のある文章で表していらっしゃいます。)

葉雨さんは
「先生はそのうち宇宙までいってしまうのでしょうか?」
と ユーモアを交えて書いていらっしゃいますが
私も 本当にそう感じています。

学べば学ぶほど
(というほど真面目にも学んでいないけど)
先生の高みがわかってきて
「あああ、先生の背中が どんどん遠くなるー!」
と さびしくなることしばしばなのです。

手が届かない目標に向かっていくのは
なかなか 大変なことで
くじけそうになりがちです。

大体、目標というものは
どのぐらいの高さにあることが好ましいものだろうか、
ということを よく考えます。

ウチの近所の学習塾には
「手の届く目標に、真の成長や喜びはない!」
という標語が掲げられています。

だから ウチの塾に入って
ちょっと無理めの学校に挑戦してみませんか~
ということだと思いますが
毎日 前を通るたびに 考えさせられます。

また、ハンドメイド起業コンサルタント(!)の
たかはし あや さん曰く
「楽にできることはやりがいにはならない」。

あまりにも楽な目標では
成長できないし、達成感もない。

しかし あまりにも遠すぎる目標では
途方に暮れてしまう。

ちょっと無理して達成できるぐらいの目標を設定して
きちんきちんと達成を繰り返してゆくことを積み重ねて
先生の背中に追いつくことは不可能でも
せめて引き離されないぐらいの位置は維持したいものだ・・・
と思います。


というわけで、
まず最初の「無理して達成できるぐらい」の目標は
「毎日 ちゃんとペンを持つこと。」

なんだ、そんな低いところからかい?
と思われるかもしれませんが
いやいや、これが一番むずかしいかも。







リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。