スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回 ペン字検定

09 27, 2015
白わんこと団子+枠


九月のペン字自主勉強会 in 関西 で
硬筆書写検定のことが話題にのぼりました。



「関東在住の山下先生門下生の方々が
 どんどん最高位 一級に合格なさっている、
 しかも 賞まで受賞なさっている。
 こんな難しい試験なのに、本当にすごい。」

「ほんまにすごい。」

「そもそも、第一回のペン字検定で
 一級にトップ合格、文部大臣賞まで受賞なさったのは
 山下先生なんだよね。」



・・・というような話から
いろいろな疑問が 皆さんから出てきましてね。

その第一回ペン字検定、
三上秋果先生をはじめ、山下先生、そのほか
そうそうたる先生方が受験なさったということを聞いているが
そんな試験の問題は誰が作ったのか?

第一回の試験問題は
現在の問題と やはり、だいぶん違うのだろうか?
三上先生や山下先生が
速書きや 掲示文をお書きになったとは思えない。

そして、誰が合格、不合格の判定をしたのか。 
三上先生の答案を見て
「うむ、これは合格でよかろう。」
なんて言うのは 失礼なのではないか。


などと わやわやガヤガヤ 
勉強会の出席者のあいだで会話がはずみました。


帰宅してから
ちょっと「第一回 ペン字検定 試験問題」 で検索してみましたが
ま、出てきませんわ。

本当に知りたい事の答えは
ネットに載っていない。



三上秋果先生、山下静雨先生が出席なさった座談会の記録に
第一回ペン字検定のことについて
すこし触れていらっしゃる部分がありましたので
下に載せておきます。

何年か前に 新年会で
山下先生が 第一回ペン字検定について
お話くださったことがありますが
それにもつながる内容です。




 座談会1


座談会2 


座談会3 


座談会4 



なんと、山下先生
「愉快な試験だった・・・・」
なんておっしゃってますよ!

試験に愉快さを感じながら
最優秀トップ合格なさってしまうのだから
やはり 師匠の背中は 遥かに遠いです。





月見団子+枠 
中秋の日のおやつは
もちろん月見団子であります。
十時のおやつ、三時のおやつ、
二度とも月見団子をいただきました。


リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。