スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お道具拝見

04 30, 2015


サバ缶ほか+枠
インク瓶とハンドクリームとサバの缶詰


ペン研の勉強会の楽しみはいろいろありますが
同学の士のお道具を拝見するのも
楽しみの一つです。


下の画像は 2015年の新年の勉強会に
O さんがお持ちになったお道具。

Oさんのペン字道具+枠
あぁ、ペン先洗い用の水は
インクの空き瓶を使えばいいのね!

とか

文鎮がなにやらモダンでお洒落やわ~

とか

インク瓶に乗っている金属の物体は 一体、なにかしら?

とか とっても独創的なお道具の数々。

聞きたがり屋の幼稚園児のように
「これ、何? あれは何?」
と 質問を浴びせてしまいます。

インク瓶に乗っている物体は
O さんお手製、オリジナルの
「インク瓶使用中に使う蓋」です。

つまみがついていて持ちやすいペーパーウェイト(?)の下部に
薄いゴムを貼ったもの。

インク瓶を使っているあいだに
蓋を開けたり閉めたりしやすく、
なおかつ 載せている間は
比較的ぴったりと閉めておくことができるというスグレものです。

すっごいものを作っちゃうんですね。

O さんは 以前、ペン軸を
御自身の持ち良いように
大胆に、そして美しく 削っていらしたことがあって
「タダ者ではないな・・・・」と 秘かに思っておりましたが
技術関係のお仕事をなさっていらしたとか。
うーん、やっぱりね。
道具の工夫のレベルが われわれとは違います。


上の写真の奥に見えているのは
T さんのヌメ革のペン・キャップ。
つけペンのペン先を装着したまま はめることができるキャップです。
これもいいなあ。



さて、こちらは なんでしょう。
珍しい下敷きですよ。

斬新な下敷きと文鎮
これは 二月の関西での自主勉強会にて
F さんがお使いの下敷きと文鎮です。

なんと、シート状のマグネットに 小さい磁石の文鎮!!!


マグネット・シートの上でなんか書けるワケがな・・・・、
あら、意外に良い具合に書ける。

しかし、よくまあ
マグネットの上で書いてみようと思いつきましたね。



こちらは S さんの下敷き。
100円均一ショップのダイソーの下敷きを
好みの大きさに切ったものだそうです。
塩ビのシートにフェルトが縫い付けてあって
これは良い。
勉強会の帰りに 早速ダイソーに行って探しましたが
残念ながら その日は見つけることができませんでした。

Sさんのダイソーの下敷き1+枠

「小さく書くよう留意するひらがな」を
御自身で書きこんでいらっしゃいます。

Sさんのダイソーの下敷き2+枠

関西での自主勉強会で
皆さんのお道具を拝見してて面白いのは
「ダイソー率」が極めて高いことです。


二月に「山下流ペン字小作品の裏打ち」をやってみたときには
カッターや、カッター用の定規、カッターマットなどを
お持ちいただいたのですが

「おや、それはどちらの?」
「私のはダイソーので・・・」
「私もダイソー。」
「そちらは・・・?」
「ええ、わたくしもダイソー様ので。」

と ほぼ全員がダイソーの何かを持っていて
笑ってしまいました。


下に載せたのは
朝日新聞・関西版の夕刊にのった
グレゴリ青山さんの漫画です。

100均マンガ(グレゴリ青山)
私の知人にも
「まず、百均で探してみたらええねん。」
と 口グセのように言う人がいます。

職場でも
「そんなん、百均でも似たようなん売ってるよ。」
と よく言われたりします。

関西における百均サマの利用率は本当に高い。
関東、その他の地域ではどうなのでしょう?


日常の文具は百均で済ませることが多いクセに
阪急百貨店などで「万年筆・その他のペン」のフェアがあると
高級品のペンや いろんな色の瓶入りインクが
ぼこぼこと すごい勢いで売れているのは
いったいどういう消費傾向だろうか、と思います。

地道に倹約(しまつ)して貯めて
遣う時は パァーッと遣うよ~、と。

良く言えば メリハリのある消費生活、
というところでしょうか。

(上の漫画に出てくる「割安切符販売機」も
 ひょっとしたら 関西以外にはなかったりして・・・・)

 


リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。