スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十一月の自主勉強会 in 関西 (2)

12 08, 2014
亀末廣+枠
本日のおやつ。
日本に帰国してから 2kg 埋蔵金が増えました。





十一月の「山下先生門下生の自主勉強会 in 関西」でも
前回に引き続き
いろいろな話題が出ました。




各自の好みのペン軸の話題。

マダムH がお気に入りの
某S社のカラフルなペン軸は
一気に倍以上、価格がアップしてしまったとか。
このペン軸、ちょっと持たせていただきましたが
軸が細めで 軽くて いい感じですね。

マダムH がお持ちのは明るい黄色で
風水的にも「お金が貯まりそうなペン軸」です。




インク「極黒」のボトルがリザーバーつきで良い!という話。
インクが少なくなってくると ペン先につけにくくて・・・
という話題が出たのですが
奇しくも 東京の勉強会でも同じ話題が出たようですね。

しかし、こちら関西のほうでは
東京のほうとは違って
「 新しいインクを古いインクに混ぜるのは
 あまり良くないのでは・・・」
というような話になりましたが
真相やいかに。

「 それほどお値段が張るものでもないし
 もう替えちゃったほうが。」
という感じで「ビン底インクの話」は終わりましたが
これは 来年一月の新年勉強会で
よく確認してくる必要があります。



それから どこでどういう体勢で書くか、ということ。
私は 皆さん きっと
勉強机、もしくは書斎机に向かって書いていらっしゃると
思いこんでいたのですが
そうではなくて驚愕。

十一月の「会員の習作」に作品が掲載されたS さんは
座卓に正座して書いていらっしゃるそうです。
「足、しびれますけどね。
 そっちのほうがしっくりくるようで。」
とのお好みでした。

そういえば、
山下先生がご自宅で書いていらっしゃるところを撮影したDVD では
先生も畳の上に置いた文机で書いていらっしゃいました。
先生のなさることは なんでも真似したい私ですが
正座もあぐらも苦手で こればかりは真似できません。

長老Sさんは こたつ派でいらっしゃいます。
「 こたつの敷きふとんを新調して

 『ふっくら敷き』という 厚めのものにしましたら、
 文字を書く時こたつが
   揺れそう・・・」
とのこと。

「ふっくら敷き」を知らなかったので
検索してみましたら
ざぶとんが要らないような
ふかふかした こたつの敷きふとんがあるんですね。

こんな気持ちのよさそうな敷きふとんに
こたつを設置したら
もう、一生こたつから出られなくなりそうです。
ただでさえ、こたつに入っていると
出るのがイヤになって
「 誰か、私の代わりに
 お手洗いに行ってくれないかなあ。」
とまで考えてしまうぐらいなのに。

あ、こたつから出られなくなると
必然的にペン字の稽古時間も長くなっていいんだわ。





リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。