スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014納涼勉強会(4)

08 16, 2014
大文字まんじゅう+枠
(本日のおやつは大文字まんじゅう。
 いろんな菓子舗が いろんな大文字まんじゅうを出していますが
 これがいちばん、「山」っぽいように思います。
 ただ、皮が山肌の岩っぽい感じで硬い。)




熱心で真面目な勉強会のあとは
納涼会というか 夕涼み会というか
早い話が 「宴会」です。

山下静雨先生一門の品の良さを反映して
楽しくも優雅な
お食事をいただきながらの
夕べの語らいのひととき・・・・

となるはずだったのですが
今年は 様子が違いました。

「イェ~イ!」

というかけ声がとびかったのは
私の知る限り、山下先生の会では
初めてです。
山下先生を囲む宴会にも新しい波が?!

実際に
「どんちゃん どんちゃん」
という音が聞こえそうな
大盛り上がり。

真摯にペン字学習について激論を交わしている横で
アヤしい手相見が出現し、
異性のストライクゾーンの広い狭いで盛り上がるお隣では
回覧誌についての提言や
さじペン先の質についての分析が行われるなど
まさに 混沌とした大無礼講。

先生のペン先ストックの危機と
現行のペン先の形状についての考察、
ガラスの匠Kさんによる古道具屋さんとの交流譚、
宴会部長Kさんによる
「ペン習字研修センターのコスパ(!)について」の感想、
小松原庸子さんについて、
S 教頭先生のあて名書きと保護者の方からの御電話、
それから、それから、それから・・・・・

さまざまな話題が出て爆笑しっぱなし、うなづきっぱなし、
目じりのしわと二重あごが悪化する会でした。



無礼講ついで(?)に
山下先生の奥様についても
いろいろとおうかがいしました。

実際に、奥様にお目にかかったことのある
数少ない会員から
「あ、そういう感じがなさる方だった。」
という声があがるような
素敵な奥様のプロフィール。

それにしても
山下先生といい、H さんといい、
麗しい字をお書きになる男性は
美しく素敵な奥様を獲得なさっていますね。

どなたか
『 必ず素敵な女性がよろめく
 婚活のペン字練習帳』
というようなタイトルの本をお出しになったら
ベストセラーを狙えるのではないかと。
(「よろめく」 というのは 昭和の言葉でしょうか。)



山下先生門下の懇親会に参加させていただくたびに
まったくもって、上下のわけへだてのない会だなあと
思います。

山下先生をはじめ、
長老の会員がたが まったく いばったりなさらず
ペン字学習歴が短めの方々に
とても親切にしてくださるのが常です。

山下先生のお人柄が
会の雰囲気に反映されているのでしょう。

山下先生の字に感動して入会した方は
その次に、先生のお人柄に感動する という
感動二本立てを味わうことになっています。



何時間か 話し続け(食べ続け、飲み続け、笑い続け)
それでも話し足りないので
宴会のあとは もちろん 二次会に突入です。

それも、例年なら 「珈琲」が定番なのですが・・・・・・

(次回に続きます)








リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。