スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PILOT カスタム742 UEF

02 14, 2014
チョコ蛙とブルガリチョコ+枠 

当地は 旧正月の前から
連日 気温が二十℃を軽く越える天気が続きまして
「 立春とは名のみの 初夏の陽気でございます、
 極楽 極楽。」
と 喜んでおりましたら、
立春を過ぎてから
本格的な冬がやってきてしまいました。
寒い。

いでよ、わたくしの脂肪。
おまえの出番だ。

自前の肉襦袢は防寒効果もなし、
じっとしていれば燃焼して体温があがることもなし、
役に立たぬものでございますな。

今年は 出番がないかと思っていた湯たんぽたちを
急遽 出動させました。
朝になっても温かさを保っている湯たんぽたちが
愛おしくてなりません。




さて、寒い寒いと言っているあいだにも
容赦なく 日は進み
お菓子屋さんの店頭に素敵なチョコレートが
山積みにされています。

そのチョコレートを見て思い出しました。
そういえば、チョコレート色の万年筆のことを
まだ書いていなかったかな‥‥‥

カスタム742 UEF 1+枠 
PILOT  カスタム742 ディープレッド UEF



メーカーによる色名は「ディープレッド」
譲ってくださった方によると「えんじ色」。

かなり赤みが少ないので
光の加減によって チョコレート色に見えて
気に入っております。


 


ペン先はUEFです。
UEF とはなんぞや、プロレスの新団体か。

UEF とは Ultra Extra Fine の略。
ペン先が超極細ですよ、ということですね。

実際、ペン先を見ただけで
「あ、すっごく細いっ。」と思います。

カスタム742 UEF 2+枠 

なかなか ペン先に焦点が合うように撮れないのですが
凶器のような尖端のとがり方が
おわかりいただけますでしょうか。

これは、絶対に
筆圧の強い方には向きません。
ぐっと筆圧をかけたら
くにゅっと折れてしまうのではないかと
心配になる細さです。

カスタム742 UEF 4+枠 

PILOT社のペンドクター、広澤氏による
ナガサワ文具限定 特別仕様のペン先だそうで
さじペン先と較べても、まだ細く見えます。

カスタム742 UEF 3+枠 

「 超極細 」 というのは 前にもありました。
エラボーの 一番細いペン先が
SEF ( Super Extra Fine ) です。

 
UEF vs. SEF 、
ウルトラ 対 スーパー、
超極細 対 超極細 で
ちょっと書き較べをしてみました。

線 比較+枠 
(実際よりも かなり拡大した画像です。
 実際の線は もっと細いです。)

左: カスタム742  ペン先 UEF
中: エラボー ペン先 SEF
右: つけペン 日光 さじニューム

UEF は おろしたてのさじペン先と同じぐらい細いです。
UEF のほうが SEF よりも細い。

細いですが、「普通の万年筆のペン先」なので
線に抑揚はつけにくいです。
細くて一本調子な線、といいますか
ちょっと私がびびってしまって
ほとんど筆圧をかけずに書いたので
そうなったものだと思われます。

ペン字の清書には あまり向かないようですね。
細い罫線の便箋に たおやかな字でふみをしたためる時、
手帖など小さな字でいろいろと書き込みたい時、
そういうときには ぴったりだと思います。


細い線が好きで
「細く書ける筆記具、細く書けるペン」と
追求しておりましたが、
先ほど 我が家に到着した
ペン字の回覧誌を見たら
私の線だけ 細すぎて異常です。
うわあ、私はなんで
よりによって
こんな清書を提出してしまったのか。

「 よりによって
 なんでこれを提出したんだろう。」
と 反省するのは
回覧誌が回ってきた時の恒例行事となっております。

この反省を次回の提出に生かせばいいのですが
次回の提出時には そんなこと
ころっと忘れてしまっているであろう我が脳みそ。






Posted in 万年筆
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。