スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒例:大晦日に反省する

01 30, 2014
恵康の包装紙+枠 


本日、旧暦の大晦日。

毎年 年の瀬に思うこと。

「 お正月ていうても
 昨今では 二日にはいろんなお店が
 店を開けはるし
 別に取り立てて 用意しとかなあかんこと、てないわ。

 大体、旧正月を祝うのは
 中華圏の風習なんだから
 あんまり 私には関係ない。」


なのに、なぜ
師走はこれほどまでにバタバタするのだろう。

正月二日目には スーパーもレストランも
どんどん営業を始めるのに
我が家の冷蔵庫がパンパンなのは
なぜだろう。 


中華圏の風習だから
私には関係ない、
 と思っていながら
花や、「福の字壁掛け」や、揮春や、
きれいなチョコレートなんかを
家に飾りたくなるのは
なぜだろう。

毎年、元旦には
「今年は ペン字の稽古に
 もっともっと気を入れて
 書いて書いて書きまくる。」 と誓うのに
大晦日には
「今年も あんまり稽古しなかったわ‥‥。
 もっともっと書けたはず!」
と 反省することになるのは
なぜだろう。




さて、本年最後の
生鮮食料品の買い出しに行ってこようかな。
野菜やなんかを買い込むと
荷物が重くなるから
丈夫なエコバッグを持っていこう。

‥‥‥‥せやから
野菜なんか買い込まなくても
お正月の二日目には
もう、スーパーが営業してるんだってば!




皆様には 本年も
たいそうお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎えください。



リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。