スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのおてほんなし

01 16, 2014

クリーム兄さんお年玉袋+枠 
旧正月まであと二週間。
買い物をすると オマケにお年玉袋をくれる店が
多くなります。


萬寧猫お年玉袋+枠 
いろいろなお年玉袋がもらえて
うれしいことはうれしいのですが
できれば 外側でなく
中身がほしいなあ。



さて、かわいいにゃんこの画像のあとには
かわいくない清書の画像。
 欠々て+枠   月くもる+枠 
恥ずかしすぎるから小さい画像にしちゃえ。
でも、クリックで拡大します。


この二枚の清書は 同じ年、同じ月に書いたものです。

左は お手本なし。
右は お手本を見ながら書きました。

ほぼ同じ日に書いているのに
お手本があるのとないのとでは
この差。

お手本なしのほうの
おどおどした たどたどしい書きぶりが
微笑ましい。
(自分に甘いタチですみません。)


左は
山下先生のもとでペン字を学び始めて
はじめて提出した 「お手本なし」の清書です。

山下先生に教えていただくようになってから
二年四ヶ月めぐらいに書いたものです。

他の方々は、きっともっと早く
「お手本なし」の清書に取り組まれたことでしょう。



先生に入門してから四ヶ月め、
添削していただいた清書が戻ってきた際、
余白に先生からのお言葉がありました。

「 手本のない清書を書いてみましょう。
 (二~三行でも構いません。
  文言も何でも構いませんので。
  漢字 楷書)
  月例と一緒にお送りください。 」

ええーっ、お手本のない清書?
いや~ん 私は一生
山下先生のお手本の稽古だけしていたいのに。


・・・・ まぁ とりあえず、書いてみるとして
漢字・楷書だけで 何か書けるかな。
五言絶句、とか?

あ、良いことを思いついた。
いつも封筒の宛名書きで四苦八苦しているのだから
宛名書きの住所を見ていただこう。

ということで、
よく書く機会のある住所を清書して添削していただき
勝手に
“ 「お手本なし」の件は一件落着した ” つもり
でおりましたが そういうものではありません。

その後 ひらがなも学び始め、
俳句や短い詩のお手本もいただくようになり
そして 先生から
「お手本のない清書を書いてみましょう。」
と、しばしば 添削の余白に
ご指導が書き込まれるようになりました。

しばしば 書き込まれる ” のは
先生に言われたにもかかわらず
全く お手本なし清書を提出しなかったからです。

このような
「先生がおっしゃったことが
 聞こえないふりをする。」
という学習態度は
たいへん失礼なことですので
皆さん、けっして真似をしてはいけません。

わたしもたいへん反省しております。


そして、また
何度も繰り返し お手本なしの清書に取り組むよう
言ってくださった山下先生の熱心なご指導と寛容さに
深く感謝しております。

もし、私だったら
「これこれしましょう。」 と
二、三度 言ってみて やらないようなら
「あ、やる気のない子なのね。」
と あきらめて、更に言ってあげるようなことは
たぶんないと思います。


「 お手本なしの清書、もう逃げられないな・・・」
と観念して ようやく書いたのが
上の画像の清書です。

本当に、お手本なしの清書は大変ですし
大変なわりに 気に入ったものが書けなくて
力不足をまざまざと思い知らされるし。

で、しばらく
「お手本なしの清書、しんどい。」
と思いながら取り組んでおりましたが
何年かたつうちに
「お手本なしの清書、しんどいけど面白い。」
に変わってきました。

書いてみたい詩や歌を書き留めておいたり
その詩にあった書体は何か というようなことを
いろいろと考えてみたり
お手本なしの清書を楽しんでいる自分が
今、ここにいるのが不思議です。

うまく書けないのは相変わらずのことですが
取り組むのがとても楽しい。


本日の結論
「 大変そうなことでも
 先生のご指導に素直に従ったほうが
 自分のためになる。 」

この歳でようやくわかったというのは
いささか遅すぎるようです。    

 

岳敏君お年玉袋+枠 





Posted in 自由課題
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。