スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やんごとなきあたりの ( 余談 めばちこ 補遺 )

01 03, 2014
天皇陛下お手元+枠 



本日の本文の画像は
二〇一三年十二月二日の
NHK 総合の『ニュース 7 』の画面を撮影したものです。

何をあわててテレビの画面を撮影したかというと・・・・・



ご署名1+枠 


十二月の上旬に
天皇皇后両陛下が インドをご訪問になった際に
ガンジー廟でお花を捧げられたのですが
その時の記念記帳の御筆跡。

テレビの画面を撮影するのは難しいなあと思いつつ
何枚も 何枚も撮り、その中から
モアレの出てない画像を選びましたが
検索してみたら 各報道サイトで
とてもきれいな画像が出てきて ちょっとくさりました。 


サイン帳の ヘンな罫線が気になります。
普通、こういった貴賓に記帳していただく際には
無地のものを用意すると思うのですが。

よく見ると(画面右上のほう)
「Tel 」 の文字が!

これ、芳名帳と違いますやん。
市販のてきとうなアドレス帳ですやん!
天皇皇后両陛下に記帳していただくのに
インド側、何を用意してるねん。
こういうところ、本当にインド的だと思います。
全く。


ご署名2 
こちらは報道サイトから借りてきた画像です。(代表撮影)
模様の入ったアドレス帳!




天皇陛下と皇后陛下のそれぞれのご署名の
インクの色が違いますので
違うペンをお使いになったのでしょう。

ご自身でペンをお持ちなのか、
それとも 用意されているペンをお使いになるのか。
(画面で見ると
 なにやら “金色のペン” が置かれているのが見えます。)

こういうところを
記者さんたちが取材してくれたら
とってもうれしかったのですが。



天皇陛下お手元2+枠  












ここから先は
「めばちこ(ものもらい)闘病記・補遺」です。

昭和十五年 ペンの光+枠 

( クリックで少し拡大します。)


つらつらと
めばちこ(ものもらい)闘病記を綴りましたところ
多くの方から お見舞いのお言葉や、
ご自身の体験談などの
メールをいただきました。

どうもありがとうございました。
ご心配をおかけいたしました。


新たに教えていただいた
めばちこ療治のおまじないと諺のうち
気に入ったものを
書き留めておきます。




◎ 「ものもらいが出来たら、
   藁の先で〝出るとつつくぞ″、
     と唱えながら3回つつくと治る。」
 
  “ 出るとつつくぞ ” という文句が
   たいそう かわいくてお気に入りです。

   残念ながら 藁が手に入らない・・・・
   そうだ、サジペン先でつついてみよう!
  


◎ 「目薬より寝薬」

   目の疲れや眼病を治すには、
   寝て目を休めるのがいちばんの薬である。

   これは全く、その通り。

   休みの日に十時間ぐらい寝ますと
   その日は すっと めばちこが引くのです。

   逆に 夜更かししたあくる日は
   目の回りに またもプクッとしたものができたり
   腫れたり、と目の調子が悪くなります。

   というわけで、
   最近は なるべく早く、十二時前には
   床にはいるようにしています。
  (非常に難しいですが。)

   寝る子は育つ、というけれども
   寝るおばさん、でも更に育つことはできるのかしら。
   せっせと寝て、 もう2~3㎝ほど脚が伸びるのも
   悪くないわね、ふふふ・・・・

   と思いましたが
   早寝するようになっても
   縦方向には育たず、
   横方向にのみ 順調にすくすくと、
   いや むくむくと育っております。




Posted in 未分類
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。