スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すてきなお菓子2 ( 余談 めばちこ1 )

09 30, 2013
W Hotel の月餅+枠 



一月に東京に行った際
ITO-YA にて買ったお菓子です。

ITO-YA のチロルチョコ3+枠 

こちらは 色々な ITO-YA のロゴが入ったお菓子。

なんのお菓子かといいますと・・・・

チロルチョコでございます。

ITO-YA のチロルチョコ2+枠 

もう、ITO-YA さんってば
かわいらしい商品を並べるのは
やめていただきたい。
私、まんまと罠にはまりますから。
お金を出して わざわざロゴ入りの商品を買うって
ITO-YA さんの思うつぼではありませんか。

万年筆柄の包装のチロルチョコ・いちご味、
ペン字の稽古の休憩に
美味しくいただきました。


先日、NHK のニュース番組で
「若い人たちに 手書きの手紙が見直されている」旨の
報道が合った際、
ITO-YA の便箋・封筒売り場が紹介されていました。

長い手紙を書くのに慣れていない方向けに
小さい便箋をおすすめしている、とのことで
そこで紹介されていたのが
小さな小さな、一筆箋よりもまだ小さな
かわいらしい便箋。
しかも縦書き。

便箋、というより
縦書きのメモ帳として使いたいわ。
これもすてきだ。

ITO-YA さんには
これからも 皆の心をわしづかんでしまうような
すてきな商品を販売していただいて
手書き文化をどんどん広めてほしいものだ と
期待しております。








さて、ここからは 字とは全く関係ない話題です。

春ごろより、めばちこ(ものもらい)がひどく悪化して
それはそれは大変なことになっておりましたので
そのことを書き留めておきたいと思います。

汚いこと、気持ち悪いこと、痛そうな描写などを
書きますので お読みにならないことをおすすめします。

ただ、香港に来たばかりの方で
めばちこ(ものもらい)で困っている方が
検索でこちらにたどりついた時
何かの参考になれば、と思います。



昼下がりの日本犬+枠 


よろしゅうございますか?
それでは ものもらい闘病記、まいりますよ。

「めばちこ」
大阪・兵庫方面で使われている
「ものもらい」の意の方言です。

ここから先は「めばちこ」で統一させていただきます。


あれは、四月ごろでしたでしょうか、
左目の上にぷくっとめばちこができました。

私はこれまで めばちこができたことがなく
これが人生初めばちこでしたので
おやおや 珍しい、と思いました。

たかがめばちこ、
吹き出物みたいに 二、三日で治るだろう と思い
また たいそう忙しい時期でもありましたので
そのまま放置しておりましたら
二つ、三つ、と増えてきて
さらには 右目にも一つ出現しました。

これはイカン!と
あわてて目医者さんに行こうとしましたが
運悪く イースターの連休に入ったところで
医療機関は軒並みお休み。

聞くところによりますと
日本には めばちこ用の抗菌目薬とやらがあるそうな。

なら、香港にも売っているだろうと
薬剤師さんのいる薬局に行って
目を見せて 抗菌目薬がほしいのですが、と言いましたが
薬剤師さん、
「抗菌目薬? 無い。
 医者に行け。」
と とりあってくれません。

それは、この場合
眼科に行くのが正解なのは 重々分かっているけれども
連休中じゃないですか・・・。

日本の薬を置いている薬局にも行ってみましたが
抗菌目薬はありませんでした。

香港で市販が許可されていない成分が
入っているのかもしれません。

日本でなら そのあたりのドラッグ・ストアで
数百円で手軽に買えるらしいのですが。

というわけで、香港にいらっしゃる際には
ぜひ抗菌目薬を 持って来られることを
おすすめします。
抗菌目薬で完治、とはいかなくとも
医療機関が休みの時期にめばちこが出来た場合に
症状を一時的にでも抑えることができるかもしれません。


連休明けに 目医者さんに行くことにしましたが
“香港で目医者さん” ということになった時
どこに行きます?

知り合いに訊いても
「おすすめの目医者さん」がいるよ、という人は
ほとんどいません。



選択肢その一
公立病院

診察費・薬代ともにたいそう安いし
設備も最新の機器が揃っているのですが
いかんせん 待ち時間がすさまじい。

調べてみたら
家からタクシーでワンメーターぐらいのところに
九龍眼科醫院という眼科専門の公立病院がありまして
おお、これはよい!
と電話をかけて訊いてみましたら
「まずは よその病院で紹介状をもらってこい。
 でないと 診察の予約は入れられない。」
とのこと。
あー そんなことだろうと思ったわ。

更に、最近は
公立病院に患者が集中しすぎて
スタッフの疲労からくる医療過誤、
また院内感染が多発しているなど
様々な 問題が発生しているような状況です。

というわけで、今回 公立病院には行きませんでした。



選択肢その二
私立病院

香港には大きな私立病院もいくつかあります。
丁寧な診療、手厚いサービス、が受けられます。

更に 日本語通訳サービスがある病院もあって
香港に来たての方、
医療関係の英語・中国語に自信のない方でも
安心して受診できます。

難は 超高額な診療費。

お医者さんの前に腰を下ろせば
そこで 一万円超の初診料が発生すると言われています。

(だから、ずっと中腰で診てもらう・・・
 って それは やすきよの漫才。)

この診療費をカバーする医療保険に入っていれば
問題なく 私立病院で診てもらえるのですが
あいにく 我が家は零細自営業者なので
医療保険には入っていません。

なので、私立病院もパス。



選択肢その三
個人医院

まあ、普通の香港市民が
ちょっと体調が悪いのでお医者さんに診てもらう、
という場合 「私家医」こと個人医院に行くのが
一般的でしょう。

しかし たくさんある個人医院、
どうやって選べばよいのでしょうか。

看板を見て 適当に近所の医院に行ってみますか?

そういうときに ある程度の参考になるのが
このサイトです。

See Doctor

地区別・専門別に医院がリストアップされています。
医院ごとに 初診料の目安も載っています。
また、日本の食べログのように
「見てもらった人の感想」や「オススメ度」の
書き込みがあるので目安になります。

もちろん、食べログのように
やらせの書き込みも多いと思いますが
あまりにも評判の悪い医院は避ける とか
その医院の得意分野を知る とか
そういった利用ができると思います。


私も、このサイトで知った目医者さんに
行ってきました。



ずいぶん長くなってきましたので
まだ導入部分ですが 本日はここまで。
また、次回の更新記事の下の方に
続きを書くことにします。




Posted in 未分類
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。