スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアペン字

06 30, 2013

良寛さんの空中習字+枠 
三上秋果先生の御著書
『みるみる上達するペン字お手本集』より



良寛さんは、早朝の空中習字で
一日を初めていらしたのか。

朝、起きるなりテレビをつけて
コーヒーをすすりながら
MLBの試合中継観戦で一日を始める
わたくしとは大違いであります。

「良寛さんの空中習字」で思い出しますのが
「三上秋果先生のエアペン字」です。

「三上先生は 電車やバスなどでの移動など
 ちょっとした合間にも
 指を動かして 太もものあたりに字を書いていらっしゃった。」

新年会の時に 山下先生からうかがった
三上先生のエピソードです。


イメージトレーニングのようなものでしょうか。
それとも 作品制作の構想を練っていらっしゃったのでしょうか。

ペン習字研修センターの会員さんの中には
手持ちのデバイスに
お手本や添削していただいた清書の画像を取り込んで
通勤の交通機関の中で
それを見て学んでいらっしゃる方も。

ペンと紙がなくても
ペン字に取り組むことはできるのですね。


というわけで、早速 わたくしも真似っこ。
良い事はすぐに真似っこしましょう、
と 三上先生に倣って
地下鉄やバスの中で
もぞもぞと指を動かして
いろは歌などを太ももに書いております。



三上先生がエアペン字をなさっていらっしゃった折りには
「指先で字を書いていらっしゃると
 時にはいぶかしげな目で見られたことも…」
あったそうですが
イマドキは 他の乗客の多くが
自分のスマホの画面を一心に見つめていらっしゃるので
気づかれる心配もなく
安心して心おきなく
エアペン字を実践することができます。





それにしても三上秋果先生は
“超”の字がつく大御所中の大御所であらせられるのに
それでもまだ、ちょっと空いた時間にも
ペン字のエア稽古をなさっていらっしゃったとは。

いや、逆に
ちょっとした合間の時間にも
指先を動かしてエア稽古をなさるような方だから
ペン字の神様になられたのか。




……などといろいろ考えつつ
今朝も早起きして
野球の中継に夢中になっておりました。
良寛さんのような
「早朝の空中習字」はできそうにありません。





毛糸だま がまぐち+枠 

黒田博樹投手は 頼りがいのあるシブいおっさんだな~、と
常々 思うておりましたが
よく考えたら 黒田投手より私の方が
一回りも年上でした。

いつのまにやら
野球選手が皆、年下になってしまって
驚いております。






Previous: ペンチ

Next: 金銀 BIC
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。