スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外

03 03, 2013
CHANEL 広告写真+枠 
CHANEL の店舗の外壁の広告写真
つっこみどころは多々ありますが
まず、畳の間では靴を脱ぎましょう。






会報『燦』や
すみそさんのブログにアップされた
山下先生が書いていらっしゃるところの動画(必見!)を
拝見しながら
「えっ、もう新年会から一ヶ月以上たったの?!」
と驚く今日この頃でございます。


動画を拝見しながら
そういえば 山下先生が
太いペン軸でたいそう書きにくそうにしていらしたな…
と 思い出して一人で笑っております。


新年勉強会で
皆さんのお道具や練習方法を拝見して
「えっ?!」と思うことが多くあり、
いろいろと意外な思いをしました。

日頃は自分ひとりで稽古しておりますので
道具や方法など 自分なりに
「これがベストだ!」と思うものを採用しているのですが
皆さんのやり方を拝見して
自分の道具や方法が少数派であることを
初めて知ることがいろいろとあるのです。

「意外に、太めのペン軸をお使いの方が多い。」
「意外に、ノートで練習なさっている方が多い。」
「意外に、文鎮をお使いにならない方が多い。」
「意外に、ボールペンで清書なさる方が多い。」
……などなど。

ペン軸については
私が“細軸派”ですので
太めの軸をお使いの方がたいそう多いことに
毎年々々 びっくりします。

手の大きさや指の長さや
筆圧にもよるのでしょう。
どちらが良い、という問題ではありません。

ちなみに、山下先生は
“ぶにゅグリップ”がお気に召さなかったご様子。

来年からは
山下先生に何か書いていただく際に
ぶにゅグリップ付きのペンを差し出すのは
やめたほうがよいようです。




意外といえば
市販のペン字の“書き込み式”の本に
直接 書き込む方も多いのですね。

古本屋さんでペン字の本を見つけて
ぱらぱらめくってみると
直接書き込んだ跡が残っているものが多い。
これは意外だ。

“書き込み式”の本なのだから
もちろん直接書き込んでもかまわないのですが
本に直接書き込むというのは
とても難しくありませんか?



 







最近のように三寒四温の気候が続きますと
「秋冬にしか食べられないものを
 食べ納めしておかなければ。」
という気分になります。

たとえば、栗。

私は栗が大好物ですので
秋に栗が出はじめるまでのぶんを食べ貯めしておくべく
この時期のおやつは もっぱら栗モノ。



とても美味しい焼き栗を売っているお店も
そろそろ焼き栗マシンを片付ける頃。

炒栗子機+枠  




焼き栗・焼き芋・焼玉子・炒りナッツの屋台も
気温25℃を超えると お客さんもまばら。
雨季から晩夏までは お休みになります。

 栗子車+枠




栗のおしるこ、というか栗のスープも
そろそろ
注文しても「無いよ。」と言われるようになるでしょう。

生磨栗子粒露+枠 









ラ・メゾン・ドゥ・ショコラのオランジュとマロングラッセ+枠 
ホワイト・デー用に ちょいと早めではありますが
マロン・グラッセを
買いました。
自分で。

二つ買って、オットに一つ…
と思っていたのですが
気がついたら 二つとも自分のお腹に入っていました。







リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。