スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買いだめはダメ

02 10, 2013
   

旧正月カードとデスクペン+枠 

おかげさまで体調のほうは
すっかり恢復いたしまして
元気に 旧正月元日を迎えることができました。
どうもご心配をおかけしました。

三日ほど絶食状態で
起きあがっても足が動かない、腕が上がらない、
というような状態で
しばらく ふらふらしておりましたが
体重も かなり落ちたので
ちょっとうれしかったです。

「どこの肉が落ちたのかな~。」
と 点検してみましたが
下腹、腰回り、二の腕、など
落ちてほしいところは全く変わらず。

おや、一体どこが痩せたのだろう… 
と 思いましたら
鎖骨の下あたりの肉が 落ちていました。

鎖骨の下の 肋骨や胸骨の一本々々が
くっきりと浮き出てしまって
これでは まるで奪衣婆ではないか。


現在、落ちた体重もすっかり回復してしまいましたが
鎖骨下の肉は戻っていません。
鎖骨下から落ちた肉は
一体どこについてしまったのでしょう。
怖くて 点検する気にもなれません。





さて、先日の ペン字新年勉強会では
山下先生に直接、
うんと大きいことから 細々としたことまで
実に様々なことを
教えていただいたのですが
「あっ!」と
自分に注意喚起したいことがありましたので
ここに覚え書きを残しておきます。


清書用の紙の選び方や
先生がお好きな紙について
伺っている時、
「 ペン字用の紙の
 古くなったのはいけない。」
とのお言葉がありまして
心の中で ぎゃっと叫びました。

にじみやすくなってしまったり                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    ペン先がひっかかりやすくなってしまうから
とのこと。

書道用の紙は
「紙を枯らすと より書きよくなる」などと言って
しばらく寝かしたりすることもありますが
ペン字の紙は、そういうことをしてはいけないのですね。
これはよく覚えておかなければ。


そういえば 昨年の新年勉強会では
インクについても 同じようなお話がありました。

インクが少なくなってくると
濃くなってしまったりするが
水を足したりなんかして
ずっと使ってゆく…
というような会員の話があったときのこと、

「もちろんお湯を足したりして
 ずっと使っていきますが
 あまり長く使っていると
 今度はインクの変質が心配。」

と、先生がおっしゃったことを
思い出しました。




ペン字の用具のうち
“紙” と “インク” は
買いだめしたりせず、
新鮮なのを(?)さっと使い切るようにしたほうが良い、
ということです。

ですので
↓ こういう買いだめをしてはいけません。

紙とインクのストック+枠  


おや、すみそさんも…?
クスクスクスクス…
 






Posted in
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。