スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便箋を三つ折りにする(1)

09 28, 2012

酒心月餅箱とBIC+枠 


長形の封筒を使うとき、
便箋を三つ折りにして入れますが
この“便箋を三つ折りにする”のが
割合に難しいのです。

いつも 大体の目分量で
適当に三つ折りするのですが
細身の封筒の場合
“適当な三つ折り”では入らなかったりして
あせることがあります。
折り直した跡が残った手紙はぶさいくです。

かといって 
“定規できちんと測って印を付けて三つ折り”
などというような几帳面なことをする人間ではないので
なにか うまいやり方はないかな、と
ぼんやり思っておりました。



今年の七月、ナガサワ文具に行った折りに
この便箋が目につきました。

PILOT 萬年筆用箋1+枠

以前、コチラで触れたPILOT 萬年筆用箋が
新しい包装で出ていたのです。

便箋12枚、長形封筒5枚のセットで494円でした。
ちょっと割高ですが お試しにはちょうどいいセットです。

紙がちょっと薄くなったようです。
以前は透かしだったPILOT のロゴマークが
印刷に変わりました。残念。



特筆すべきはこちらです。


PILOT 萬年筆用箋2+枠 

あっはっはっはっ、素敵だ。

私と同様に
「三つ折りするのに定規を使うのが面倒だ。」
という人が 世間には多いと見ゆる。

店頭で見かけて笑ってしまいながら 
ついつい3セット買い込みました。
この勝負(?)、PILOT さんの勝ち。



罫線と同じ淡いグレーの小さな点が
便箋の表面、左右端 1/3 の位置にあって
三つ折りの目印になります。



たいへん結構なのですが
もうひとつ贅沢を言わせてもらえれば
目印の点が裏面についていると
完璧だったのですがね。

便箋を折る時には
裏面を見て折りますから。





日本には
“紙を折る位置” に気を遣う方が
他国に較べて 
比較的多いように思います。

アジア某国では 
日本人には思いも寄らぬような
独創的、というか無神経な折り方をする人が多くて
驚愕することがあります。




山下先生が肉筆のお手本や
添削済みの清書を送ってくださるとき、
“なるべく字に折り線がかからぬように”
折ってくださっているのには感激しました。

最初のうちは
先生のそういったお心配りに
全く気づかなかったのですが
(習い始めて数ヶ月後にようやく気づく…)
気づいてからは
「こういうところもお手本にしなければ!」
と 心がけるようにしています。


山下先生がくださるお手本は
毎月の肉筆お手本だけではなく
こういった
“そっと静かに示されるお手本”
も多いのです。

不肖の弟子が 
それになかなか気づかないのが問題です。
すみません、すみません。




Posted in 未分類
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。