スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度でもやり直せる

08 02, 2012
ドリアン蓮花猫山王+枠 

オリンピックの試合中継を観ていますと
つくづく厳しいものだと思います。

なにが厳しいって 
四年に一度、一回しかチャンスがないということ。

それに比べたら
(超一流の運動選手と自分を比べるのが
 そもそも間違っておるのですが)
ペン字の清書提出は
そんなに厳しくなくて助かります。

もしも ペン字の清書提出が
オリンピックなみに厳しかったら。

四年に一度、一枚しか
清書の紙がもらえないとしたら。

そして その一枚きりの紙に
一発勝負で書いた清書を
山下先生に見ていただかなければならないとしたら。

……泣いてしまいますな。


実際には
清書していて「あ、失敗した。」という時には
また 他の紙に書き直せます。

何枚も書いて その中から一枚を選ぶこともできる。

紙に糸目をつけさえしなければ
何枚、何十枚、何百枚 書いて
その中から選んで提出することができる。

(何枚も書いて、その中から選んだ清書が
 これなんですか、
 という声が聞こえるような気もしますが…。)




自分が超一流の運動選手ではなく
のんきなペン字愛好家でよかった、と
つくづく思う オリンピック年です。

選手の皆さんが
“四年に一度、一回きり”の緊張感に打ち勝って、
自分が満足できる試合ができますように
運動音痴のわたくしが
一所懸命 手に汗を握りながら祈っております。




リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。