スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝ドラとつけペン

06 25, 2017
ダイハツミゼット_枠

会報『燦』 No.206(2016.10.1) に
NHKドラマ『とと姉ちゃん』のオープニング画面に
つけペン先各種が出ていることの紹介がありました。

山下先生が 『とと姉ちゃん』をごらんになっていたのか、
それとも 奥様がごらんになって
先生に教えてさしあげたのか。

NHK 朝の連続テレビ小説、通称「朝ドラ」は
現代のストーリーも もちろんあるのですが
戦前、戦中、戦後、といった時代背景の話も多く
そうしますと その時代に合わせた筆記道具が出てきまして
けっこうな確率でつけペンが登場します。

2015年に放映された『あさが来た』 では
始末屋(倹約家)の平十郎さんの机の上に
つけペンがありました。
 ↓
平十郎さんの机上 小_枠

この『あさが来た』 というドラマは
「ヒロインが稀代の悪筆」 という
たいそう珍しい設定でした。

「手習いして悪筆を克服するのだろうか、
 それとも一生 悪筆のままで
 いろいろな不利益をこうむったりするのだろうか。」
と 興味を持って観ていました。

ところが 初めの頃こそ
字がきたな過ぎて手紙を捨てられてしまったり、
というようなことがありましたが
ヒロインが大人になってしまうと
字の稽古をした様子もないのに
人並みの字を書くようになっていて
これは納得できへんわ~とモヤモヤした記憶があります。


現在 放映中の『ひよっこ』は
東京オリンピック直前から 話が始まりましたので
つけペンが出るか出ないか微妙なところだな・・・
と思って観ております。

これまでのところ、
ヒロインが家族にあてて手紙を書く時には鉛筆、
警察で警官が調書をとる時には万年筆、
アパートの部屋を借りる賃貸契約書にサインする時にも万年筆、
と、いったところです。

(同じアパートに住む漫画家の卵の部屋には
 さすがにつけペンがありました。)

主演の有村架純さんが万年筆を使って書く場面では
有村さんのひとさし指が反ってしまうぐらい力が入っていて
「万年筆は そんなに力を入れなくても書けますよ、
 って 誰か教えてあげて。」
と ちょっとハラハラしました。


リサラーソンとインク壷

朝ドラですごいな、と思うところは
手紙や書類など
登場人物によって ちゃんと筆跡を変えているところ。

『ひよっこ』でも
ヒロインの親友の時子さんの書く手紙が
とっても豪快で 楽しいです。
私もこんな手紙が書いてみたい。
時子の手紙_枠






 
スポンサーサイト
Posted in つけペン

『 字が汚い!』

06 04, 2017

以前 『 季刊 レポ 』 というユニークな雑誌がありました。

レポと座りケロ_枠


レポ表紙_枠

その『 季刊 レポ 』 誌で
2013年 Summer 号から連載が始まった
「 乱筆乱文にて失礼いたします。」

筆者は サイバラ画伯の著書にも時々登場する
異能の編集者、新保 信長氏。

乱筆乱文連載第一回_枠

あることがきっかけで 己の字の汚さを実感した筆者が
字の上達を目指して
いろいろと努力したり 考察したり
あきらめてちょっと違う方向を目指したり
というようなことをつづった渾身の(?)連載でした。

名編集者さんだけあって
いろいろな方から話を引き出すのはお手の物だし、
素材の検証・考察も しっかりしていて面白い。

毎号 楽しみにしていたのですが
『 季刊 レポ 』 が休刊となってしまったので
連載第八回にして プツリと終わってしまったのでした。


・・・・・・・・・・と思っていたら
先日、連載に大幅に加筆・再構成されて
『 字が汚い!』 という書籍として発売されました。
ひゃっほー、これはうれしい。

『字が汚い!』-1_枠
(なんちゅう装丁だ。
 買うのが恥ずかしかったじゃないの。)


大幅に加筆されて
字の美醜に関する雑テーマについての章や
実際の字などのサンプルが増えています。

字に興味がある友人から
字についてマニアックな話を聞いている感じ、
ペン習字研修センターの新年会・納涼会で
おしゃべりする話題に共通するものがあるような・・・・・

木嶋佳苗死刑囚の字について、
また各省庁の看板については
私も あれはどうなのよ~、と思っていたので
ビシッと指摘してくれていて
うれしゅうございましたよ。

また、氏がしきりに言う
「 いい感じの字 」については
大切なテーマだと思いますので
後日 あらためて考えをまとめてみたいです。

『 字が汚い!』
字にご興味がおありの方には
面白いと思いますので
もし機会がありましたら 手に取って見てくださいませ。


この本を 通勤の電車で読もうと思ったのですが
なかなか強い印象のある表紙で
ちょっと恥ずかしかったので
カバー無しで持って行こう、と
カバーを外したら・・・・・・・・・
  ↓
『字が汚い!』-2_枠

裏表紙の方は こう ↓
『字が汚い!』-3_枠

ブックカバーをかけなければ
ちょっと人前で出しにくい本であります。



Posted in 未分類
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。