スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bun 2 (文具無料冊子)

06 07, 2015
君を電車に+枠 
『日本一短い「家族」への手紙』 より。
お父ちゃんが子どもを電車に忘れて降りちゃったのでしょうか。

長嶋茂雄氏は 選手時代に
後楽園球場に一茂ちゃん(当時 小学生)を忘れて
自分だけ帰った、という有名なエピソードがありますが。






駅や店舗でもらえる無料の冊子がいろいろとありますが
力が入った編集で おもしろいものも多いです。

こちらも 毎号 楽しみにしている冊子です。
偶数月1日発行の『Bun 2(ブンツウ)』。
文具店の店頭に置いてあるのを もらってきます。
六月号のテーマは 『手書きの道具にこだわる』 ですわよ、皆さん!

 Bun2 15 06 表紙+枠 
クリックで拡大します。

表紙の写真を見るだけでワクワクしますね。
蒔絵の万年筆にガラスペン、鉛筆に 金色のGペン先ですもの。


今回、「おぉっ!」 とうれしかったのが
ゼブラ・ペン先工場の訪問記です。

ゼブラのペン先工場訪問記1+枠 
クリックで拡大します。


無料の冊子とはいえ、
今 配布中のものをスキャンしてアップするのはいけないかな・・・
問題がありましたらお知らせください。
すぐに削除します。


ゼブラのペン先工場訪問記2+枠
クリックで拡大します。


簡単な工場見学記ですが
昭和な香りを感じ取ることができました。
工場の制服も なんだかとっても昭和でうれしくなってしまう。

驚いたのは
「昨年はペン先の売れ行きが右肩上がりに転じた。」
というところです。

つけペンというのは
静かに絶滅に向かっている道具だと思い込んでいたので
びっくりするやら、うれしいやら。
しかし、誰が買っているの?
マンガを描く人?
ペン字関係の人・・・じゃないですよね、残念ながら。



おや? と思ったのは
“ 均一な太い線が書ける「タマペン」” という箇所です。
(ゼブラでは さじペンのことをタマペンと呼ぶ。)

さじペン(タマペン)はペン字で使われる際に
「均一な太い線」を求められてはいないと思います。
「細くて、適度な抑揚があって キレのある線」を書くために
使われているのではないかしら?





昨年発売された チタンコーティングされたGペン先のことも
詳しく紹介されていますね。

「チタンGペンプロ」、
インターネット上で たいそう良い評価を見ましたので
私も一本買ってきて使ってみましたが
やわらか過ぎて 使いこなせませんでした。

ちょっと力を入れると それがすぐに反映して
線が細くなったり太くなったりするので
抑揚が良く出る、というより
抑揚が出すぎて下品になってしまって。





今夏にはペン先の新製品されるとのこと、
うれしいですね。
どんな新製品だろう。
チタンコーティングのさじペンだったらうれしいな。
もしくは かわいらしいピンクゴールドのペン先とか。




ペン先工場訪問記のほかにも
パイロット社の蒔絵万年筆工房や
銀座・伊東屋のガラスペンの紹介、
三菱鉛筆の鉛筆けずり入社式の話題、
消しゴムについてのコラムなど
興味をそそられる記事がたくさん載っていますので
ぜひ 六月号のBun 2 、お手に取ってみてください。

ただし、
興味をそそられるのと同時に
物欲もそそられますから、
そこは覚悟の上でごらんあそばせ。


スポンサーサイト
Posted in つけペン

六月六日は「カエルの日」

06 06, 2015

香箱を組んだ猫+枠


何度か続けて猫の画像を載せましたら
何人かの方からご連絡をいただきました。


曰く、

「カエル派からネコ派に鞍替えですか。」

「Welcome to にゃんこ党 」

「カエル党を離党するのですか。」

「カエルを裏切るのか。」

・・・・・わたしが カエルを裏切るなんて
そんなことがあるわけないじゃありませんか~。


たいそうご心配をおかけしました
全国三千万人の カエルとペン字を愛する皆様に
おとっときの 「カエル+筆記具」 の絵を
お見せしちゃおうかな。

と、えらそうにもったいぶったことを言っておりますが
私が描いたわけではありません。





その一。
こちらは すてきな絵葉書です。
静流さんのブログで紹介されていた
吉祥寺のカエルグッズ専門店に行ったときに購入しました。

 文豪カエル+枠


アップにすると よりわかると思いますが
カエルさんが つけペン(か、万年筆)を手に
難しい顔をしているところ。
文豪カエル2+枠 
まあ、ペン字の清書がなかなか思うように書けなくて
むずかしい顔をしているのね!
と思いましたが、
絵葉書に『文豪カエル』というタイトルがついていたので
ペン字の稽古中というわけではなさそうです。

憂愁を帯びた表情がシブくてすてきなカエル。



その二。

佐藤さとる 作 の『だれも知らない小さな国』。
長く愛されている児童文学です。
こどものころに読んだよ、という方も多いと思います。
だれも知らない小さな国・現行版+枠 
上の画像は 現在出版されている版の表紙です。
ご存じ 村上勉さんの挿絵。

インク壺、マッチ、メジャー、などと
コロボックル(小人)が描かれています。

コロボックルが着ているのは
カエルの皮(!)のボディ・スーツ。
人間に見つかるおそれがある際に着用します。



こちらは 1959 年に
講談社から一番最初に出版された版の表紙です。
挿絵は若菜珪さん。
だれも知らない小さな国+枠 
なんと、インク瓶とつけペン( しかも サジペン!)が
描かれています。

いいなあ、ペンとインクとカエルの皮を着た小人。
私が寝ている間に 清書を書いておいてくれないかしらね。



こちらは ガチャガチャで出たすてきなカエルさん。
( もはや 筆記具とは関係がない自慢。)
海洋堂製作のニホンアマガエル、
 生き生きしています。
海洋堂のニホンアマガエル+枠 
(実物は2 ㎝ ぐらいのかわいらしいものですが
 PC のディスプレイで大写しになると ちょっとこわい。)


先日、大阪府守口市で
海洋堂の「生き物フィギュア」を集めた展覧会がありました。
さまざまなカエルのフィギュアがあって素晴らしかったです。
カエルを堪能しました。
ゴールド宮脇センム+枠 



先日、その海洋堂の社長の話が
新聞のコラムで紹介されていました。

海洋堂の猫の記事+枠 
( クリックで拡大します。)


海洋堂には 凶暴 かつ エラソーなにゃんこがいて
社員に愛されているようですね。

・・・・あ、猫の話題に戻ってしまいました。

 




リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。