行の下端をそろえる ( 余談 めばちこ4 )

12 05, 2013




昨日夕方 郵便局に走っていって
山下先生宛に清書を投函しました。

ペン習字研修センターは
清書提出の締切日というものがないのに
どうして私は、毎回々々
郵便局の営業時間終了間際に
必死で走ってゆくのか
自分でもわかりません。

なにはともあれ、無事投函。
そして、カキフライで祝杯。
とはいっても 下戸のわたくしですので
カキフライにほうじ茶です。

こんな時には
ビールが飲めたら
さぞかし美味しいんだろうなあ、と思いつつ。


来月は 早や十二月です。

ですので 年末・年始のせわしない時期に
「先生、添削をお願いします、お願いします!」
などというようなことにならぬよう

清書の提出は
なんとか上旬に済ませたいと思っております。

年末、早めに
今年分の添削を終えられた山下先生が、
大掃除や お孫さんの襲来に
全力で立ち向かえますように。



さて、今月は自由課題で
苦手なことに取り組みました。
( 苦手なことは数々あれど
 その中でも とりわけ苦手なこと。)

それは 何行かある課題で
下端をそろえることです。
 
日頃、書き物をしている時に
下端をそろえようと努力することすら
ほとんどありません。
 
ですが、いただいたお手本や
先生の御著書の中の作品を拝見したおり、
何行かの下端が
ビシィッとそろっていると
「ほおっ」とためいきが出るほど美しいので
ここはやはり、下端がそろえられるように
なっておきたい。

ということで 今月は自由課題にて
「下端そろえ」に挑戦です。

自由課題で苦手なものに挑戦するとは
たいそう熱心な学習態度であります。
自画絶賛。




下端をそろえようとして書いてみても
このようにガタガタになるわけでして。
縫い物が3+枠 


行の字数を変えたり
字の大きさを調整したりと
いろいろやってみても
なかなかそろわない。

縫い物が2+枠    


   
字間を詰めてみたり、と
試みは続くよ どこまでも。

縫い物が5+枠 




そのうちに 字形や線やまとめ方よりも
下端をそろえることのほうに熱中してしまう。
アホである。

縫い物が4+枠 




あっ、結構そろったじゃないの!
と思われるかもしれませんが
実は 書き出しのあたりで大失敗している一枚。
「失敗しても とりあえず最後まで書く派」なので
一応 書き上げてみたら
そういう一枚に限って 下端がそろっている。
人生ってそんなもの。

縫い物が6+枠 





結局 今回提出した清書の下端はこんな感じで。
不満ではありますが
今月はこれにて提出。
適度にあきらめないと 結局 提出できなくなってしまうので・・・・・・
と、言い訳しつつ
次回こそはビシッとそろえたい!と決意も新たに
カキフライをバクついたのでありました。

縫い物が1(下端) 





山下先生の御著書より

「 行頭は、その前の行頭を見ながらそろえれば
  よいのですが、
  行脚をそろえるのはたいへんです。

  行末に近づいたら、
  あと何文字書けるかを
  頭の中で計算します。

  『 あと三字書いたのでは はみ出しそう。
   でも二字では あいてしまう。』
  というときは、
  二字をやや大きめに書いて字間もゆったりとるか
  三字を小さめに書いて、
  字間ももう少しつめ気味にして押し込む、
  といった調節を考えてください。 」



ほらっ、ほらね。
山下先生も「行脚をそろえるのはたいへんです。」
と おっしゃっているでしょう!

・・・・って、注目すべきはそこじゃない。

むやみやたらに何度も書いてみるのではなく
いろいろと考えたり計算したりしながら
調整して書かなければいけないのです。


ものを考える、とか
見積もる、とか
計算しながら使う、とか
そういう方面はきわめて苦手なので
下端がなかなかそろわぬのも むべなるかな。





さて、ここからは 字とは全く関係ない話題です。

春ごろより、めばちこ(ものもらい)がひどく悪化して
それはそれは大変なことになっておりましたので
そのことを書き留めておきたいと思います。

汚いこと、気持ち悪いこと、痛そうな描写などを
書きますので お読みにならないことをおすすめします。

ただ、香港に来たばかりの方で
めばちこ(ものもらい)で困っている方が
検索でこちらにたどりついた時
何かの参考になれば、と思います。


Posted in 自由課題
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: