スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港に戻っております

08 18, 2013
わんこと柄杓坊+枠  

大阪・神戸・三重・東京 の夏を満喫して
香港に戻りました。
はぁ~、香港が涼しく感じられます。

帰宅したら家の中が
すさまじい散らかりようの大惨状、なのは
毎度々々のお約束ですので
今さら 驚きはしません。

今回は 私が帰宅する前に
惨状をなんとかしようと 試みた跡、
そして力尽きてあきらめた跡が残っていて
ちょっと面白かったです。


日本で しっかりと
ペン字用品の補給をしてまいりました。

ペン先、下敷き、インク、紙、ボールペン。

インクや紙、ボールペンは
買いだめしてはいけないのに
(古くなると質が劣化したり変質したりするので)
またもや どっさり買い込んだのは
一体どういうわけだ、と
棚に入りきらない大量の紙を見ながら
ためいきをついております。

いや、香港では
どうしてもペン字に適した紙が買えませんので
日本の紙屋さんで すばらしい紙を見ると
逆上してしまうのですよ。

それに、買うときは
「 熱心にペン字の稽古に取り組んだら
 これぐらいの分量、三ヶ月もつかどうか。」
などと 大層やる気に充ち満ちているので
ついつい買い込んでしまうのです。


さあ、せっせと書こう!
これっぽっちの紙では足りないや、というぐらいに。

「稽古を熱心にやるから 紙を買い込む。」
のではなく
「紙を買い込んだから 稽古を熱心にする。」。

なにかが違うような気もしますが
まあ、そういう動機であっても
稽古を熱心にするのは良いことです。






今回の里帰り帰国では
山下先生に教えていただいた
東京都中央区八丁堀の紙屋さんにうかがいました。

「八丁堀」というおなじみの地名。
地下鉄の八丁堀駅を降りて地上に出たら
行き交う人々は皆、
房のついた十手を懐に差していて・・・
などということは もちろんなくて
普通の街でした。
つまらん。





スポンサーサイト
Posted in 未分類
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。