なし終わったこと、なすべきこと

12 31, 2012
賢明は+枠 

いよいよ今年も終わらんとしています。
しかし、“お正月までにやっておきたいこと”が
まだまだ残っています。
どうするのだ。


オットは仕事柄 年末は大忙しです。
今日、仕事場の方に行ったら
活き活きと忙しそうにしていました。
がんばれー。
その調子で生涯現役を貫いてくださいね。





上の画像は 数ヶ月前にいただいた課題です。

短い文ですが 実に深い意味が込められています。

“なし終わったこと” “なすべきこと” を
自分でちゃんと意識していかなければなりません。


 

ペン字の勉強に関して
わたしが今年 “なし終わったこと”はなんでしょうか。

「勉強を続けたこと。」



来年 “なすべきこと” はなんでしょうか。

「勉強を続けること。
 もっと気合いをいれて取り組むこと。」

「ブログの更新をマメにすること。」




“なすべきこと” はいくつでも浮かびますが
“なし終わったこと” がなかなか思い浮かびません。

はて、私は今年 なにをしたのかな?

けっして毎日 だらだらと怠けているわけではなく、
昼寝をしたのも一年で二日だけ。

日々 バタバタと目先の雑事に追われて
せわしなくしていたことには自信(?)があります。
目先の雑事の女王と呼んでいただきたいぐらいです。

まあ、つまりは時間の使い方がヘタクソだと
いうことになるでしょう。

わたしなぞより もっともっと忙しい方々が
倦まず弛まずペン字の勉強を続けていらっしゃるのですから
「時間がない」などと言おうものなら
バチがあたります。




来年こそは、来年こそは…!

というようなことを 確か昨年末にも
反省したような気がするなあ。


なにはともあれ、
今年も 大きな病気もせずケガもせず
ペン字の勉強を続けることが出来て
たいそう良い年でした。

皆々様にも たいそうお世話になりました。

来年も皆々様にとって
良い年となりますよう
心から祈っております。



どうぞ良いお年をお迎え下さい。

 

小晦日

12 30, 2012

与一鏑を取って+枠  



「 小晦日

   
十二月三十日は小晦日、
  三十一日は大晦日 という呼び方があります…(中略)

 
ちなみに二十九日の九は「苦」を連想させるため
  大掃除は二十八日までに済ませることと
  されていました。

   
正月の準備を整えて、明日は大晦日で、
  さて、とちょっとぽっかり空いた時間ができることも。

   
一年をふり返りつつ、ぶらりと散歩もいいものです。」


『日本の七十二候を楽しむ』(東邦出版)より




十二月三十日に“ぶらりと散歩”!!!

そういうゆったりとした暮らしはいいなあ、憧れるなあ、
来年こそは きっとそういう暮らしをするんだ、
という決意を固めつつ
とりあえず今年は最後までバタバタ継続中です。







バタバタしているといいつつ
映画を観に行ったり
MLB 特集の番組を観たり
新しいパン屋さんに行ったり、
本当に忙しい方々に
「どこがバタバタだ!」と怒られそうでございます。
Maison Eric Kayser 香港+枠  


Posted in 未分類

いやぁん かわいい!

12 05, 2012
ダダと製図用インク+枠


当地は二週間ほど前から
おひさまが出ず、
どんよりと暗くて
じっとりと湿った
じんわりと寒い日々が
続いておりまして
気分までしめりがちになります。

太陽が出るか出ないかで
これほど気分が違うとは。
おひさまというのは
本当に偉大なものであります。

光合成ができなくて
力が出ない…
けれども 身体が横方向に向かって
順調に成長しているのはどうしてだろう。

明るい自然光が得られないので
ブログ用の写真も撮れません。




こういうときは 何か
楽しくなるような話題でも。

かわいいものを見ると+枠 
  ↑
こちらは読売新聞の切り抜きです。

「 かわいいという感情は
 集中力を呼び覚まし、
 細かな手作業の正確さを高める。」

これはなかなか意表をつかれました。



「 女子は カワイイもん見たら
 テンションが上がるねん。」
と 指摘したのは
海原やすよ・ともこの ともこねえさんでしたが
テンションが上がるだけでなく
集中力や 手作業の正確さまで上がるとは。

これは ペン字の稽古に生かさぬ手はありませんよ。


というわけで
デスク上に 蛙やパンダやダダなど
いろいろと“かわいいもの”を
散りばめてみました。
(散らかした、ともいえます。)

これで お手本どおり正確に書けるようになったら
うれしいのですが。

 
Posted in 字を書く環境

和尚も走る

12 01, 2012
山のあなた+枠  


今年のカレンダーも
残すところ あと一枚となりました。

さきほど
「十二月にやるべきこと」を書き出してみましたら
そのあまりの多さに 一人で高笑いしてしまいました。
どないすんねん、私。

このぶんでは
「十二月にやった方がよいこと」
「十二月にやりたいこと」
には とうてい手が回らなさそうです。

「人には やらなければならない事を
 すべて完璧にやる時間はない。」
という名言は どなたのお言葉であったか。


サザエさんならば
そろそろ 年賀状用の
芋バンの用意を始めるころでしょう。

芋バンは枠が丸いから
とぐろを巻いた蛇の図案にはぴったりだわ。

ところで 芋バンの“バン”は
判子の“判”だろうか
それとも
版画の“版”だろうか…

などと どうでもよいことを
あれこれ考察しているのも
つまりは現実逃避でございますな。


皆々様におかれましても
くれぐれもお身体にお気をつけて
このバタバタワクワクの季節を
乗り切られますよう。



Posted in 未分類
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: