スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしいか きびしいか

10 27, 2012
マジック マイク+枠 


イチロー、黒田の両選手が所属するヤンキースが
敗退してしまってからは 実に心穏やかに
テレビ野球観戦をしております。

(米国の)ジャイアンツと(米国の)タイガースは
どちらも強いなあ。
赤勝て、白勝て、という感じで
毎朝 両チームの好プレーに拍手を送っております。



さて、先日
カージナルスの試合の解説をしていた
田口壮氏の話の中で面白かったのが
“ ブーイング ”のことです。

田口氏によると

「 カージナルスのファンは世界一。
 とてもあたたかく、
 “自分たちが選手を育てる”
 という意識を持って応援している。
 選手にブーイングはしません。」

更には

「 敵の選手にも ブーイングはしないんですよ。」

とのこと。


おお、なんという行儀の良いファンだ。
ヤンキース・ファンなんか
自軍の選手に盛大にブーイングしておるぞ。


ワールドシリーズは
「あたたかいファンに育てられたカージナルス」

「ファンがとても厳しいヤンキース」
の対決になったら 面白いのになあ
と思っておりましたが
残念ながら どちらも
リーグ優勝決定戦で敗退してしまいました。






サッカーのことはよく知りませんが
やはり、「あたたかいファン」と「厳しいファン」
の両方がいるように思います。

南米のチームが
なさけない負け方をして国に帰った時
空港にサッカーファンが押し寄せて
選手が襲われそうになっているニュースを
見た記憶があります。

かと思うと
日本代表チームが負けて帰ってきた時には
空港で出迎えたファンたちの持つ横断幕に
「感動をありがとう」と書かれていて
日本のファンはやさしいなあ、と
笑ってしまったことも。




「あたたかく育てる」のと
「厳しく育てる」のと
どちらが良いとは 一概には言えません。
選手の性格によっても違ってくるでしょう。





ペン字のほうでは どうでしょう。

伝統的な和のお稽古ごとでは

「 先生にホメていただいているうちは
 まだまだお客さん。
 先生にボロクソ言われるようになってはじめて
 弟子と認めてもらえた、ということ。」

などというようなことを聞いたりしますが
現在はどんなものでしょうね。




われらが師匠、山下静雨先生は
「 無類の誉め上手であられる 」
(Copyright © 2011 大阪のH さん)
ので  弟子はついつい
舞い上がったり、
木に登ったりしたくなってしまいます。

しかし、ここは落ち着いて
“ あたたかいファンに育てられて
  リーグ優勝決定戦まで進出した ”
カージナルスのように
あたたかいご指導に応えるべく
結果を出していかなければいけないよ、と
自分に言い聞かせております。

舞い上がるのと同時に
腕も上げなければ…。

天使猪+枠 




スポンサーサイト

やる気を出させてあげて

10 17, 2012
レスポ香港観光柄+枠 


あぁ、ヤンキース 三連敗………。

明日 負けたら
もう、終わりじゃないの。

いや、終わりだなんて言っちゃいけませんっ。

選手たちがあきらめていなければいいな。
やればできるチームの筈なんだから。

明日からは本来のポカスカ打つチームに
戻ってくれることを祈ります。



地元ニューヨークのメディアは
ずいぶんキツイらしく
たいそう辛辣な報道がされているとか。

そんな、
まだ終わってしまったわけじゃないのだから
選手達のやる気をそぐような報道は
やめてあげて。

いいところを捜して
ほめて、おだてて、
実力以上の力が出せるようにしてあげて。





皆さんも、身近な人が
ペン習字の勉強を始めたとき

「どうせ、すぐ飽きてやめちゃうんじゃないの?」
「汚い字のままじゃない。」

などというような
やる気をそぐようなことを言わないで
できれば

「字がスッキリして見えるなあと思った!」
「字が大人っぽくなったなあと思ってた!」

などなど
本人が更にやる気を起こすようなことを
言っていただけますと
ペンを持つ手にも力が入り、
稽古にも身が入りますので
どうぞよろしくお願いします。






Posted in 未分類

ヤンキース、頑張らな あかんやん!

10 16, 2012
孫三首+枠 
(クリックで拡大します)

読売歌壇より
 右: 栃木市 山口 スミ さん
 中: 木更津市 染谷 昇さん
 左: 小山市 小林 佳子さん





(本日は
 野球にご興味がおありでない方には
 よくわからないであろう事ばかり
 書いております。)




札びらを切って名選手を集めてくる
ヤンキースのような金満チームは
どんどん負けるとよろしいわ。

……と いつもは思っているのですが
今年は事情が違います。

イチロー、黒田の両選手が
ヤンキースに所属しているのですから。

この がまんにがまんを重ねてきた両選手には
ぜひとも 王者の証しの指輪を
手にしてもらいたい!

それゆけ、ヤンキース!



なのに、高いお給料をもらっている筈の
ヤンキースのバッターたちの調子が悪くて
もう、心配で心配で。

黒田投手が 中三日で
一所懸命投げているのに
年俸二十億円以上もらっている選手が
三振、凡退、三振、凡退、では
イカンではないか。

審判も、ヤンキースの不利になるような
誤審はやめていただきたい。



というわけで
テレビ観戦、応援にも力が入っておりますが
困るのは アメリカとの時差です。

こちらでの生中継が
深夜(朝方?) 三時とか四時とか五時とか。
(ナイターの場合は朝八時で まだましですが。)

血圧の低いわたくしが
まだ日も昇らぬ朝四時ごろ
もそもそと起き出して
濃い珈琲を無理に飲みつつ
一所懸命、ヤンキースに声援を送る…

しかも 夜 床に入ったのは
一時とか二時とか そんな時間。

なんの修行だ、これは。



そんな日々を繰り返して
極度の睡眠不足が続いた結果、
見事に 風邪をもらってしまいました。
いや、風邪を“もらった”というよりは
“自ら 呼び寄せた”と言ったほうが正確ですね。

われながらバカだなあと思います。


昨日、
「絶対、今日中に なんとか清書を投函しよう!」
と 思いつつ

(締切があるわけではないので
 “絶対、今日”でなくてもよいのですが
 前回の提出から三十日以上経っていましたので
 さすがにあせりまして。)

宛名書きに取り組んだのですが
先生の住所を書きながら寝てしまう始末。

ハッと目が覚めると
「市」の立て画が5㎝ ほどに
伸びてしまっていたりします。
新しい封筒を出してきて 書き直し。

自分でほっぺたを叩きながら
宛名書きを済ませて
まったくのスッピンで
部屋着のよれよれTシャツのまま
郵便局に走り、本日の集荷に間に合った!

顔見知りの郵便局員さんが
スッピンの私をみて
「体調が悪いのか?」
と心配してくれました。



ヤンキースの応援のせいで
いろんな方面に
迷惑やら心配をかけてしまって
まことに申し訳ないことです。



サッカーのワールドカップの際には
深夜やら朝方やらに
試合中継に熱中している方々の話を聞いて

「サッカーの試合を観るのに
 そんな無理しなくても…。
 次の日も仕事があるだろうのに。
 気が知れないわ。」

と嘲笑しておりましたが
どうも申し訳ありませんでした。




 
 
Posted in 未分類

便箋を三つ折りにする(2)

10 01, 2012
翠華の月餅箱と檸檬+枠 


「 定規もな~んにも使わずに
    手紙を超ピッタリ3等分にした~い!! 」

このタイトルは
昨年春に放送された
NHK 教育テレビ、じゃなかった
NHK Eテレ(気に入らない名前だ)の番組
『すイエんサー』の、ある回のタイトルです。

司会は品川庄司のお二人(当時)、
そして裏技に挑戦するのは
十代とおぼしき女性タレントさん三人組の
すイエんサーガールズ、
ゲストは小林幸子さん。

いずれも
便箋の三つ折りに
全くご興味がなさそうな面々なのがおかしいです。

しかも、まだ寒そうな屋外(NHK の敷地内?)に
しょぼい椅子を置いて 収録している。
この特集で、なぜに屋外?



庄司 「定規もな~んにも使わずに
    便箋の三つ折りができたら 
    すっげえ良いと思わね?」

ガールズ 「思う、思う!」
        「折りた~い!」


きみたち、
ホンマに 便箋の三つ折りに興味があるん?



とまあ、おばちゃんは心の中で
たいそう意地悪なことを思っておったわけですが。



こちらの番組で紹介されていたのが
別の紙を使うやり方です。
 
You Tube に
似たようなやり方が紹介されていましたので
ご興味がおありの方は コチラをごらんください。


なるほど そういうやり方があるのか、
と感心いたしました。

…しかし 別の紙を使うというのが
やや面倒だな、
(どこまでめんどくさがりやだ)
と 相変わらず「適当折り」を続けていたところ
T.S. さんから ご教示いただいた この方法

なにも使わず
ササッと正確な三つ折りができる、
これぞ決定版の折り方ではありませんか。
世の中には なんと頭の良い人がいることよ。

T.S. さん、教えてくださって
本当にどうもありがとうございます!
これで私も「適当折り」を卒業することができそうです。





この『すイエんサー』という番組、
(番組名が謎です。)
かなり若い方向けとおぼしき番組なのですが
特集がなかなか秀逸で
おばちゃんも
「お、これは見たい」、と思うことがよくあります。


たとえば

「茶柱を100%立てた~い!」

「どんなカレーうどんでも飛びはねさせずに
 ズズッとすすって食べた〜い!!」

「正座のしびれをどうにかした~い!」

「メッチャ味のしみこんだおでんをカンタンに作りた〜い!!」

「静電気でバチッ!ってきちゃうのをなんとかした~い!!」

などなど、興味をそそられる特集ではありませんか?



ただ、
「カステラの紙をめっちゃキレイにはがした〜い!!」
という特集の時には
これはちょっと違うな と思いました。

カステラは、紙についたところを
フォークでこそげとって食べるのが
楽しみなのでありますから
紙がキレイにはがれてしまっては
カステラの楽しみ半減です。







Posted in 未分類
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。