スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書いて書いて書きまくれ

10 31, 2011
大きな河原で+枠 


MLBワールドシリーズ、
そしてプロ野球クライマックスシリーズ、と
いよいよ野球も大詰めで
毎日 緊迫した試合を楽しんでおります。

が、同時に
「来シーズンまで 何ヶ月か
 野球を見ることができないんだな。」 と
寂しい気持ちを味わっています。

まあ、一年中 やっていたら
野球の季節感や風情というものが
ありませんけれどもね。




さて、何かにつけ話題になる
落合監督ですが
このところのご発言には
たいそう耳が痛い思いをしております。


「(連覇できたのは)04年からの練習量の差だと思う。」
 (耳がっ、耳が痛い!)

「練習量はうそをつかない。」
 (うわーん、すみませんすみませんすみません。)



全くその通りでございます、落合監督。
おっしゃるとおりでございます。


チームの練習量に自信があるからこそ
こういったセリフが さらりと言えるのでしょう。

いつかは 私も
自分が納得できるような練習量をこなして
「そうね、練習量が全てよ。」
なんて さらりと言ってみたい。



「サボリ量は すぐに現れるわよ。」
今のところ このセリフなら 
自信を持って申し上げられますが。








スポンサーサイト

文房具特集誌

10 19, 2011
『PEN』 『大人の文房具』+枠 


巨大書店に行く機会がありまして
いそいそ、うろうろしておりましたら
『文房具』関連の雑誌やムック本が
ずらりと並んだコーナーがありました。

文房具関連誌だけで
こんなに出版されているの?!

と驚いてしまうほどの数です。

どの本もたいそう面白そうですが
全部買うわけにもいかないし
立ち読みパラパラぐらいでは
なかなか選べません。

選択肢が多すぎるのは、無いのと同じです。


どうにかこうにか二冊だけ選びました。
上画像の二冊ですが
どちらもたいそう面白く
じっくり読んで楽しみました。





『大人の文房具』巻頭に
夢枕獏氏のインタビューが掲載されているのですが
これがいろいろと興味深かったです。

「なぜ万年筆をお使いなんでしょうか?」と
いう質問に対する夢枕氏の答えが
ちょっと他人とは思えぬもので
おお、こんなところに仲間が、と
一方的な親近感を抱いてしまいました。


ちょっと長いのですが
下記に書き出しておきます。

ペン字を学んでいらっしゃる方には
「夢枕氏の気持ちはよくわかる。」
とお感じになる方が
多いのではないでしょうか。






「 (前略)
 ボールペンですと、書き続けるうちに
 ボールペンの尖端にダマができるでしょ?
 それが紙にくっつき、手で擦ってしまおうもんなら……。
 アッ!となる。
 この「アッ!」が曲者で(笑)。
 これをきっかけに、お茶を飲んで休憩したり
 はたまた、
 今日はサッカーの決勝だったなあ、と思い出して
 テレビをつけてしまったり。
 “ ボールペンのダマ ”という、
 極めて些細な出来事が、
 原稿を書かないという
 大きな事故に発展してしまう。
 (後略)」


わたくしも 再々
「アッ!」で ペン字の稽古の長時間中断に
突入してしまいますので
夢枕氏の気持ちがよーくわかります。


Posted in 未分類

ツケ

10 18, 2011
私はこころから+枠   


まいりました…。

三週間ほど一度もペン字の稽古をしなかったツケが
あまりにも大きいので まいっております。



我が家に帰宅してからは
毎日々々 必ずペンを持っておりますが
自分でも驚くばかりの書けなさ。

つけペンもボールペンも万年筆も
なにやら 私にたいして
たいそうよそよそしい態度です。

机の前に座って 心を落ち着け
いざ書き始めてみても
線はブヨブヨとふるえていて
字形はガタガタ。

一つ一つの字が
「おまえ、あっち行け。
  わしゃ、こっち行く。」
と バラバラで中心線も通らない。



元の調子を取り戻すのに
一体どのぐらい時間がかかるのだろう。

稽古をサボると 
そのあとが大変過ぎるということが
よくよくわかりました。





「これじゃ、先生に提出できないわ。
  今月は(今月も)提出をあきらめようか…。」

というような私の内なる悪魔のささやきも聞こえましたが
これには打ち勝ちました。

「これじゃ、出せない。
 今月は出さずに
 来月こそ うんといい清書を出そう。」

と思っていると 更にヒドイ状況になる、という事態は
体験済み、学習済みなので。






おとつい、勢いで清書を投函してまいりましたが
いつものように
「わーい、出したぞ!」
とハイになることもなく
煎茶に大福で “提出祝いの一服”をすることもなく
静かに反省の日々です。





今は殊勝に反省しておりますが
また 一年後にはすっかり忘れて
同じことを繰り返してしまうような気もします。




おひさま

10 01, 2011
三日月に地は朧なり蕎麦の花+枠  


まあ、もう十月。
時の経つのは早い。
もう一年の四分の三が終わったのね……

……などと毎月々々
月末になるたびに繰り返していましたが
もう言わないようにしたいと思います。

失ってしまって もう戻らないものや
逃してしまったものを数えても
仕方がありませんからね。





先日 帰省していたときのこと。

母が
「おひさま 見てる?」
ときいてきたのです。

「え、おひさま?」

「NHK の朝の連続テレビ小説の。」

「ああ、あれは
  最初の二、三回みて やめたわ。」

「見てへんの。
  つけペンやら 手紙書くとこやら
  そんなんいっぱい出てきたから
  あんた、てっきり毎日見てるかと思うたわ。」



な、なんですって!
NHK ドラマに“つけペンで手紙を書くシーン”が
たくさん出てきた?!

あわててNHKの公式サイトで見てみたら
おや、本当にたくさん手紙が出てきています。

劇中、
黒板に字を書いたり
つけペンで手紙をしたためたりする、といったような
字を書く場面が 多々あったそうですが
すべて主演の井上真央さんが ご自身で
お書きになったとか。

黒板に字をきれいに書くのは難しいものですが
公式サイトの画像を見ますと
とても読みやすい整った字をお書きになってますね。

あああ 残念。
見逃してしまった…。
残念、残念、残念…。



冒頭で
「逃したものを数えても仕方がない。」
などと エラそうなことを申しましたが
言ったそばから
見逃したドラマのことでブチブチと言うておりますよ。
悟りの境地への道のりは遥かに遠いようです。








Posted in 未分類
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。