スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペン字をやっておけばよかった…、と思うのは(1)

02 26, 2011
香港ガチャガチャ 合味道カップヌードル+枠 

2011年の新年会にて
某さんが先生に「売れるペン字書籍のご提案」
をなさったそうです。
どんな本か、といいますと それは
“遺言書の書き方”。

……確かに遺言書はなるべくきれいな字で書きたい、と
私も思います。
最期を迎えたあとに
「この人は最後の最後まで
 読みにくい字を書く人だったな。」
と思われるのはちょっと残念。

それに 判読しがたいレベルの字の遺言書ですと
内容を巡って 諍いが起きるやもしれません。

遺言書を書きながら
「ペン字を習っておけばよかった。」と思う人に
さぞかし売れるであろう
『遺言書の手本集』、大ベストセラーの予感がします。




「ペン字を習っておけばよかった。」と
知人友人が口にするのを
何度か聞いたことがあります。

年賀状を書くシーズンに
そうおっしゃる方が多いです。

宛名書きソフト、年賀状作成ソフトが
これだけ普及しても
やはり「一筆添えたい」方が多いようで
そういう時に しみじみと「ペン字やっとけば…」と
お感じになるらしい。

一月、テレビでの 某ペン字通信講座の
怒濤のような広告攻勢には驚きました。
これはやはり 
年賀状を書きながら「ペン字やっとけば…」と
思った方々を狙っての営業戦略でしょうか。




「ペン字をやっておけばよかった…」と
しみじみおっしゃるお母さんが多いのは
受験シーズンです。
願書を書かなければならない時に
つくづくそう思うのだそうです。

「字のきれい汚いで
 合否が決まるわけではないだろうけど
 印象は良くしておきたいじゃない?」
とのこと。




ペン字関連の書籍には
よく履歴書のお手本が載っています。
履歴書を書く時に
「ペン字やっとけば…」と思う方が
たいそう多いのでしょうね。




願書も履歴書も 初めて接する人に
「自分はこういう人間ですよ。」と
説明するためのもの。
良い印象を持ってもらうためにも
丁寧な字 美しい字で書きたいものだ、
と考えていらっしゃる方が とても多いようです。



もっとも昨今では 
願書や履歴書のの筆耕専門業者も
非常に多くあるようですね。

ある筆耕専門業者さんのサイトを見ておりますと
「あまり達筆に書かないでほしい。」
「素人っぽく書いて欲しい。」
という要望を出される依頼者の方もいらっしゃるとのことで
ちょっと笑ってしまいました。




スポンサーサイト

インク吸入シーン

02 24, 2011
香港ガチャガチャ 饗宴+枠 

『イングロリアス・バスターズ』
(2009年 アメリカ
 監督:クエンティン・タランティーノ
 出演:クリストフ・ヴァルツ ブラッド・ピット)



映画、『イングロリアス・バスターズ』の冒頭、
名優クリストフ・ヴァルツが演じる
ナチス親衛隊SSの大佐が 
万年筆にインクを吸入するシーンがあります。

映画の中に“インク吸入シーン”が出てくるのは
とても珍しい。

「さては、重要な伏線かっ?!」と思ってわくわくしていたら
別にそういうわけではありませんでした。



あの万年筆の吸入方式は一体なんでしょう。
一動作で バシュッと吸い上げ完了しています。

凝り性のタランティーノ監督のことですから
きっと あの万年筆もインクも吸入方式も
“見る人が見ればわかる
 あの時代のああいう軍人が持つべき品”
なのだと思いますが
残念ながら 万年筆の歴史についての素養がなくて
全く わかりません。 


尋問に取りかかる前、
どきどきしている相手をじらすかのように
おもむろにインク瓶を取り出して
慣れた手つきで万年筆にインクを吸入する…
クリストフ・ヴァルツの名優ぶりを堪能しました。



それにくらべて 
私自身が万年筆にインクを吸入する際の
手際の悪いこと、悪いこと!
必ず 手にインクがついてしまいます。

万年筆用のブルーブラックのインクは
石鹸でこすってもなかなか落ちないので
しばらく 手に青黒いシミをつけていることになり、
いささか憂鬱を感じます。




   
Posted in 万年筆

パイロット 色彩雫 iroshizuku

02 22, 2011
PILOT 色雫+枠 


いただきもののインクです。

パイロット
色彩雫  iroshizuku
月夜 tsuki-yo
50ml
約1575円



知人が
「 インク もろてんけど
  もう、インクなんか全然使わへんやん。
  でも あぁた 確か硬筆やってはったから
  ひょっとしてインクとか使いはるかと思うて…。
    なんか高そうなインクやよ。」
と送ってくれました。

捨ててしまったりせず、
私のことを思い出してくれてどうもありがとう、ありがとう!



この色彩雫というインク、
インク瓶がなんともいえず 美しいです。

インク瓶のコレクターさんは男性が多いようですが
こういうインク瓶が増えれば
これまで香水瓶を集めていた女性が
インク瓶方面にも参戦してくるようになるかもしれません。


あまりにも美しい瓶なので
中のインクを他のボトルに移し、
ペン字用インクを入れて
日常に使おうと思いました。

が、残念ながら
このインク瓶は 「つけペン用に毎日使う。」のには
向いていないようです。

その理由は 口とボトル部分のサイズのバランス。
ボトル部分が大きく深いわりには
口が小さいので
つけペンを差し込んだり
コンバーターつきの万年筆でインクを吸入する際に
軸がインクで汚れやすいのです。

日常使いには やはりジェントルインクのような
浅めで口が大きな どすこい体型の瓶が
いちばん良いようです。
どすこい体型のインク瓶ですと
ひっくり返すことも少ないでしょうし。




デスクの上に置いて
毎日 眺めております。
紫外線にさらされっぱなしなので
インクの色が変わってきてしまうかもしれません。

そういえば 瓶のことばっかりうれしそうに言っていて
インクのことについては 全く言及しておりませんでした。
私ってパッケージに弱いなあ…。

この色【月夜 tsuki-yo】は しぶい青緑色で
落ち着いた大人に似合う色です。





Posted in 万年筆

プラチナ カーボンインク

02 20, 2011
プラチナ・カーボンインク+枠

文具屋さんのインクが並べられている棚で
目に飛び込んできたこのインク。

プラチナ カーボンインク
ブラック
60cc
約1575円



“本格真っ黒文字用”と書かれているところが
私の心をつかみました。
おお、このインクを使えば
ツヤツヤ黒々と美しい本格的な書が書けるのだろうか。

“カーボンインク”って万年筆に入れてもいいのかな?

店員さんに 万年筆に入れてもよいのかどうか訊いてみると
「万年筆に入れて使えますが
 なるべくその万年筆は
 マメに頻繁に使うようにしてください。」
とのこと。
マメに頻繁にペン字の稽古をせよ、ということですか。
おしりまでたたいてくれるインクです。



購入して帰宅、
早速 試し書きしてみますと…
 
インク試し書き2+枠 
左から

*さじペン プラチナカーボンインク

*万年筆(エラボー) ジェントルインク
*さじペン ジェントルインク
*さじペン 証券用インク


たしかに“真っ黒文字”ですが
線がすごく太くなってしまいます。

右二つと同じペン先で書いたのですが
ペン先がどうにかなったのか?!と
思わず確かめてしまうほどの太さ。
残念ながら これはペン字の清書向きではないようです。




セーラー社のサイトの商品説明によると
「水溶性ではない為、一度乾燥すると再び溶けない」
そうです。
線が太く、真っ黒で、水にもにじまない、というのは
封筒の宛名書き用途にぴったりですね。

せいぜい せっせと宛名書きに使うことにします。
しかし 60cc 入っていますからね…。
60cc 宛名書きで使い切るのはなかなか大変。
これは「たくさん清書を提出したまえ。」と
おしりをたたいてくれているのでしょうか。





Posted in 万年筆

セーラー 万年筆用ボトルインク ジェントル

02 19, 2011
セーラー・ジェントルインク+枠    

「万年筆で清書を!」と意気込んで 
奮発して購入しました 
パイロット社の万年筆、復刻版エラボー。

ところが
パイロットの万年筆用 黒インクを入れてみたところが
しゃばしゃばと水っぽい書き味で
線の抑揚が出にくかったり
にじんでしまったりと
ペン字の清書に使うには少々難アリでした。

そこで 『趣味の文具箱』 vol.1 綴じ込みの
“万年筆インクカタログ”を見てみましたところ
国産インクでは セーラー社の黒インクが
いちばん濃いようでしたので
早速 買ってまいりました。

セーラー
万年筆用ボトルインク ジェントル
ブラック
50ml
約1050円



早速 試し書きしてみましたところ
確かに こっくりと濃い黒で
ペン字の清書向きです。

インク試し書き1+枠 
右から
*さじペン 証券用インク
*さじペン ジェントルインク
*万年筆(エラボー) ジェントルインク


パソコンの画像では なかなか
線質をうまく表すことができませんが
証券用インクとよく似た線が出まして
これはうれしい!

万年筆で“つけペンに近い線”を出すには
エラボー+ジェントルインク・ブラック+上質紙が
いちばんよい組み合わせだと思います。

ただ、やはり証券用インクに比べて
乾きは遅いですので
一行書いて次の行にうつる際には
吸取紙を使ったほうが安全です。


このジェントルインクのインク瓶の形ですが
ぼてっとしていて下半身がどすこい体型、
とても他人とは思えないわ…。

浅いボトルなので インクの量が少なくなってきたら
困るかも、と思ったのですが
“インクリザーバー”とやらが付いているので
その心配は不要のようです。

インク瓶の口もたいそう大きくて
使いやすいです。




濃い黒ですので
ペン字の清書以外の用途で
“味のある線”を出すのは難しいかも知れません。

太いペン先の万年筆で
「万年筆を使っていますよ~」という線を出すには
パイロットのインクのような
色が淡めのしゃばしゃばしたインクの方が向いているようです。





さあ、これで万年筆清書用の
良いインクが見つかったことですし
あとは自分の努力だけです。




Posted in 万年筆

JISマークつきのペン先騒動(3)

02 07, 2011

香港郵政発行兔年葉書+枠


JISマークつきのペン先騒動(1)
JISマークつきのペン先騒動(2)

の続きです。


椎名先生のファンの方々が
JISマークつきのペン先を探し回る騒動も
約二日で収束しました.

それは、なぜか。

あっというまにペン先が集まってしまって
「JISマークペン先1カートンと色紙+α交換フェア」
の打ち切りが宣言されたからです。


「たった2日で1000本以上集まってしまいました」
http://cnanews.asablo.jp/blog/2010/10/26/5447376


「先着順 直筆色紙10枚と交換」
ということでしたが 
あっというまに交換分が決まり、
更に なんやかやの追加分で
結局 椎名先生は十数枚の色紙をお書きになったそうな。



もともと椎名先生は
「本当はさあ、ゲーム感覚で
 事務所や会社の倉庫の奥を探して
 発掘して欲しいわけですよ。」
という感じで企画なさったようです。




ペン字をつけペンで学んでいらっしゃる方々も
是非、“発掘”していただきたいなあと思います。


実家、親戚の家、近所の古い文具屋さん、等々に
しまい込まれたまま 忘れられている古いペン先が
実は相当数あるのではないか、と思うのです。

かくいう我が家も 祖母、母、叔母が
“いちおう 何でもとっておく派”でしたので
古いペン先を発掘することができました。

もっとも 最初のうちは
「そんなの無いよ。」と申しておりましたが
ペン先やペン軸を見せたりしているうちに
記憶がよみがえってきたらしく
「そういえば あったような気がする…
 でも どこにしまったやら…」
と言い出したので 
虫干しを兼ねて 納戸や物置を大捜索。

蛾のサナギらしきモノやムカデ、
また紙魚などにびくびくしながら
いろんな箱だの行李だのをひっかきまわして
ようやく出てきたような次第です。

このときばかりは
“なんでもとっておく派”に感謝。

もっとも ペン先だけでなく
「火鉢、要らん?」
「この箪笥も持ってったら?」
「ひいばあちゃんが使ってた風呂敷、要らん?」
などと いろんな物を引き受けさせようとするので
それを断るのが大変でした。
火鉢が七つも出てきましたよ…。
あれ、どないするつもりなんやろ。

JISマークつきのペン先は
実際 とてもキレのある書き心地ですし
もちも良いですので
気候がよくなったら 連休にでも
捜索をなさってみてはいかがでしょうか。



Posted in つけペン

JISマークつきのペン先騒動(2)

02 05, 2011

香港のミニパト+枠 

昨日の記事「JISマークつきのペン先騒動(1)
の続きです。


ブログのアクセス数が異常増、
そして
「“JISマークつきのかぶらペンのペン先 クローム”を
 お持ちならゆずってほしい。」
というお問い合わせが数件。

一体なにごと? とびっくりしましたが
お問い合わせのメールに書かれていたことなどから
ようやく事態がのみこめてきました。



漫画家の椎名高志先生が
ご自身のブログにて
JISマーク入りペン先デッドストックを大絶賛。
http://cnanews.asablo.jp/blog/2010/10/21/5429684




更にツィッターにて
「JISマークペン先1カートンと色紙+α交換フェア」
の開催を宣言。
http://twitpic.com/2zn5ac





JISマーク入りのペン先1カートン
(1グロス入りの箱のことでしょう)
と椎名高志先生の直筆色紙を交換してもらえる、
しかも色紙に描いていただくキャラクターの指名(?)も
できてしまうという
ファンの方々にとっては
信じられないような機会だったようです。


それで椎名高志先生の熱心なファンの方々が
それっとばかりに JISマーク入りのペン先を
探し始めたというわけですね。





「JISマーク ペン先」などの語句で検索しますと
たまたま当ブログが結果上位に出てきますので
「椎名先生がもとめておられるJISマークペン先とやらは
 どんなブツだろう。」
と 多くの方がブログにお越しくださったのでしょう。



私がいただいたお問い合わせのメールは
たいそう礼儀正しく、かつ非常に熱心に
JISマークつきペン先の購入を申し出られたものが多く
中には¥5ケタの金額を提示される方もいらっしゃったりして
驚きました。


「色紙が欲しいのはもちろんなのですが
 それよりも椎名先生が『すごく良い』とおっしゃるペン先を
 プレゼントして“絶チル(作品名らしい)”を
 応援したいのです。」
という方からのメールを拝見して
「椎名高志先生という方は
 ファンの方々に愛されていらっしゃるんだなあ。」と
感じました。



残念ながらメールをくださった方々の
ご要望には 全くお応えすることができませんでしたが
皆さん、首尾良くペン先が入手できたかしらん。
直筆カラー色紙をいただくことができたかしらん。




香港のミニパト3+枠 



ファンの方々、様々にJISマークつきのペン先を
探し回られたらしく、
ヤフーのオークションでも
驚きの入札を見ました。



椎名高志先生がツィッターで
「これ以上、入札金額が上がったら
 わたしは受け取らない。」
とつぶやかれているのを見て
どれどれ、と野次馬根性でオークションを見に行きましたら
“日光のJISマーク入りペン先1グロス”の出品物に
一万円の入札金額がついていました。


そして出品者への質問欄には
「金額を上乗せしますから早期終了してもらえませんか。」
という要望がいくつも。


出品者さんは
「ウォッチリストに登録してくださっている方が
 おおぜいいらっしゃるので」
と早期終了をなさいませんでしたが
この出品者さんは事態をご存じだったのか、
それともやはり「???」だったのか。


そして事態は約二日間で収束。
(次回に続く)


 香港のミニパト2+枠


Posted in つけペン

JISマークつきのペン先騒動(1)

02 04, 2011

陽ざしに+枠 

2010年10月末ごろに起こった
JISマークつきのペン先に関わる
ちょっとした騒ぎの話です。

わが零細ブログにも
多少の影響がありました。



ある日突然、当ほそぼそ零細ブログの
アクセス数が異常に増加しました。
“カウンターが音を立てて回る”
というのはこういうことか、と実感できるぐらいの
急激なアクセス数アップです。

「何事!
 まさかサイバー攻撃!?」
とあせりましたが
ペン字学習を細々と記録している個人ブログなんかを
わざわざサイバー攻撃するようなヒマ人はいません。



更にそのうち ブログのおたよりフォーム経由で
全く知らないかた数人からメールが来ました。


内容はいずれも

「ブログの記事に書いている
 “JISマークつきのかぶらペンのペン先 クローム”
 1カートンのがあれば
 是非ゆずってほしい。」

というもの。


?????
いきなりの“JISマークつきペン先”ブームの到来?



(次回に続く)





Posted in つけペン

記念日には万年筆を

02 02, 2011
香港マクドの利是封+枠 


新年会の時、N さんが
“息子さんが還暦のお祝いに贈ってくれた万年筆”を
お持ちで、たいそう うらやましかったです。

家族が贈ってくれた“記念日の万年筆”、
使うたびに大切な家族の顔が浮かぶし
ペン字の稽古にも力が入ろうというものです。

“記念日の万年筆”、
いいなあ、わたしも欲しいなあ。




“記念日の万年筆”といえば
強く印象に残っているのが タレントの照英さんです。

数年前に結婚なさったときの会見で
「婚約指輪の代わりに万年筆を贈る。」と
おっしゃっていたのを聞いて驚きました。

それまでは
「なんか体育会系の体格が良い俳優さん。」
というイメージだったのですが
「婚約者に“婚約万年筆”を贈ったすてきな俳優さん」
と 勝手に好感度アップアップ。

詳しくは↓の記事をごらんください。

奥様、すごいですね。
剣道四段で、かつペン字検定1級とは。
ペンと剣の両方が使えるなんて最強です。




わたしも 今年のホワイトデーのお返しには
万年筆を、とリクエストしてみようか。
結婚して約二十年、ホワイトデーのお返しなんて
一度も もらったことないですけれども。



照英さんの記事切り抜き+枠 
2005年(平成17年)10月10日  日刊スポーツ




Posted in 万年筆
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。