スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIC リアクション

11 24, 2010
BIC リアクション+枠 


リアクション reaction
「(刺激・事件・影響などに対する)反応、態度、印象」
研究社 新英和中辞典より


最近は“リアクション芸人”という使われ方を
よく耳にする“リアクション”という言葉、
油性ボールペンの商品名にもなっていました。



BIC社の油性ボールペン
リアクション(ReAction) BP 0.7 黒
約315円

BIC リアクション2+枠 

黒い軸に 不気味なオレンジ色のバネが
取り付けられています。
毒蛇のようで、下に敷いたモチーフ編みのコースターに
合わないったらありません。

このバネはショックアブソーバー、だそうです。
オフロードバイクのサスペンションのようなものでしょうか。



「何が“リアクション”なんだろう。」と思って
いろいろと試し書きしてみました。

そうすると グッと筆圧を強くした時に
変化がありました。



普通に書いている時         筆圧をグッと強くした時
BIC リアクション3+枠  BIC リアクション4+枠

筆圧を強くした時、ペン先が少し引っ込んでいるのが
おわかりでしょうか。

普通の筆圧に戻すと ペン先も戻ります。

筆圧に反応して“ちょっとペン先が引っ込む”から
その名も “リアクション” 。



え~、実験結果がこれだけで申し訳ありません。
このペンを購入したわたくし自身も
「え、これだけ?」と驚いております。

それに よく考えたら
私はふだんの筆圧がとても弱いので
「筆圧の強さを緩和するボールペン」は
必要ないのでした。

一応 検証のため ペン字の稽古にも使ってみましたが
書きにくいのなんのって、それはそうですよね 
勝手にペン先が出たり引っ込んだりするんですから。

この“リアクション”は 筆圧が高い人のペン立てに
そーっと進呈しておこうと思います。




どうも蛇だけは苦手で 触る気にはなれません。
トカゲもヤモリもウナギも好きなのに
どうして蛇はイヤなんだろう。
おそらく 
私の中の蛙的部分がこわがっているのではないか、と。






スポンサーサイト
Posted in ボールペン

年賀状

11 19, 2010
Thomas Trillion のケーキ+枠 


年賀はがきや“年賀状デザインの本”が発売されて
もうずいぶんたちます。
人気のあるデザインは もう売り切れているかもしれません。


昨今では
“自筆の年賀状をもらうと
 こちらからも出さなければならないので
 却って迷惑だ。”
という方が多いようですので
以前より 出す枚数を減らしています。

同年代の友人でいうと もはや
「お互い、メールの年賀状にしておこうよ、ねっ。」
という方がほとんどです。

心おきなく年賀状を出せるのは
目上の方と ペン字のお仲間の一部の方々。


なんてことを申しておりますが
私が結婚した時に 仲人をお願いしたご夫婦の奥様が
毎年 筆で書いた流麗な年賀状を下さるので
その方宛の年賀状を書く時には
正直、気が重くなったりしています。



2011年は卯年。
虎や猪にくらべて 
うさぎというのはかわいらしい動物ですから
きっと今年はかわいい年賀状が多いでしょう。

私はどんなデザインにしようか…。
と、考えている間に
12月末になってしまうのが例年のことですが。


 
Posted in 字を書く環境

新しい老眼鏡で

11 16, 2010
鯖はなんといっても+枠 

フンパツして
新しい“お手元用めがね(ひらたく言えば老眼鏡)”を
あつらえまして
早速 ペン字の稽古のおりに使い始めました。

おぉ~、はっきりくっきり見えます。

めがね屋さんで
「背筋を伸ばした姿勢で
 デスクの上での作業がバチーッと見えるように。」
と要望を出して 調整してもらいました。

これまで めがねの度が合わなくなってきていて
顔をペン先に近づけがちになったり
目をしょぼしょぼパチパチさせたりしながら
字を書いていたのですが
はっきりくっきり見えるようになったことで
良い姿勢を保つことができるようになりました。


そして良い姿勢を保つことで
下記のような 良いことがたくさんあることに気づきました。

1.腕や手が動かしやすい。
  自然に動かすことが出来る。

2.ひと目で紙全体を見渡せるから
  行中心を通しやすい。
  文字の大小のバランスがとりやすい。
  自分の字とお手本との相違点がハッキリわかる。

3.字を書いているところを人に見られる時
  姿勢よく書いていると 達人だと思ってもらえそう。



3はともかく、1と2の影響は非常に大でして
たいそう調子よく書くことができています。
新しいめがねを張りこんだ甲斐がありました。





めがね屋さんにて 「老眼が進んでるわね…」と
しょぼんと呟くと 店のお兄さんが
「でも、そのぶん近眼は良くなっていますよっ。」と
励ましてくれました。




中国語で「老眼」のことを「花眼」、
「老眼鏡」のことを「花鏡」というのだと
教えてもらいました。

すてきな呼び名ではありませんか。

わたしも「新しい花めがねを作ったの。」と
言ってみましょうか。
「鼻めがね? 妙なもんをあつらえたね。」と
言われそうです。



Posted in 字を書く環境

集中力が途切れる

11 08, 2010
 実践+枠 

漢字を24個書くだけなのに
途中で集中力が途切れるというのはどうなのでしょう。

前半、「おっ 調子がいい。」と快調に書いていても
後半、それも最後の方になって集中が途切れてしまい
見事に失敗して「あうぅ…」と
いうことが ちょくちょくあります。

『本の雑誌』 2010年10月号で絲山秋子氏が
「電気的な音、なかでもインターホンで
  仕事の集中が切れる。」
という爆笑の情景をエッセイにしておられますが
私の場合は そういった外的な要因で集中が
切れるのではなく 
ただ単に 自身の集中力が切れるのです。

私の部屋が
「風水的に集中に向かない配置」なのかしら?

…と、また自分以外のせいにしたがる私。



集中力増強に効く、と言われている
魚の頭や 納豆、レバーなどを食べて
頑張ってみます。





試し書き

11 01, 2010
香港の乗り物六台+枠   


油性ボールペンの芯の中には
品質のバラつきが大きいものがあるようだ、ということで
購入時の試し書きが大切になってくるのですが
あまりにも遠慮なく試し書きしまくって
お店や他のお客さんの迷惑になるようではいけませんし
そのあたりのかねあいが なかなか難しいような気がします。

いつ頃からでしょうか
試し書きが出来ないように
ペン先に小さな樹脂の玉がついているものがあります。

また、Dr.GRIPシリーズのように
一本々々 包装ケースの中に入っていて
試し書きが出来ないペンもあります。

また、替え芯を買う場合には
基本的に といいますか 絶対に
試し書きはできませんね。




黒い油性ボールペンを買う場合
普通でしたら「古くなって書けなくなっていないか。」
ぐらいのところを確認するために
くりくりっとらせんを書いて
普通に書けたら それで納得して
レジに持って行くものだと思います。

しかし ペン習字を学んでいる人間はおそらく
くりくりっとらせんを試し書きしたぐらいでは
“合格・不合格”を決めはしないでしょう。

線は太いか細いか
インクの色は濃いか淡いか
インクの黒色は赤っぽいか青っぽいか
書き心地はさらさらタイプかしっかりタイプか
ボテは出やすいか出にくいか
かすれは出るか出ないか
書き出しはスムーズかどうか
軸やグリップの形状や素材は書きやすいか書きにくいか

………などなど
試し書きしているとき
われながら かなり目つきが悪くなっているのでは、
と思います。





皆様(おそらく)ご存じの『あたしンち』という漫画。

先日、
“文具売り場にて 母がペンを買うために試し書きする”
というあらすじの回がありまして
読みながら一人で笑ってしまいました。


あたしンち母 試し書き+枠 

“母”は書道教室に通っている人なので
試し書きにもかなり気合いが入っています。

ただ、惜しい!

“文章の試し書き”が横書きなのです。
書道やペン字を学んでいる方の試し書きは
おそらく縦書きではないかしら。






油性ボールペンの品質のバラつきがどうの、
試し書きがどうの、とうるさく申しておりますが
つけペンのペン先になりますと
これはもう“試し書き一切不可”ですね。
けっこういいお値段のものなのですが。

でも、確かに他人様が試し書きしたペン先を
自分が購入する気にはなれないわ。






油性ボールペンにせよ
万年筆にせよ
マナーを守って 行儀良く思う存分試し書きして
気持ちよく購入したいものです。

って、まだこれ以上 ペンを買う気ですか、わたしは?!




Posted in 字を書く環境
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。