スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューピーさんのボールペン

01 27, 2014
QP赤ファイルとボールペン+枠 
真っ赤なファイルと
キューピーさんのボールペン。
日本土産にいただきました。
 
「キューピーさん」
祖母などは「きゅっぴさん」と言っていましたが
あれは関西弁だったのだろうか。

香港では
「丘比 (キューピー)」
「丘比特BB (キューピット ベビー)」
などと 呼ばれているようです。

丘比とか 丘比特とか 
最初にこの単語を目にしたときには
「えっ、比丘尼?」 なんて思ってしまいました。


QP ボールペン+枠 
普通のボールペンに
小さなキューピーさんがついているもの。

キャラクター商品のボールペンですが
 すっきり細い線が書けますし
ほとんどボテが出なくて
なかなか優秀なボールペンです。

どこが作っているのだろうと
分解してインク芯を見ようとしましたが
どうしても 分解できません。
おや?

包装のシールを見ると
「 インク:黒
 替芯はできません。」
と書かれていました。

かわいいボールペンなのに
インクがなくなったら、それで終わりだなんて。


QP文具ファイルとボールペン+枠 
こちらは「キューピーさんと文具」の柄の
クリアファイルです。

キューピーさんがつけペンを持っている!
その横にはインク瓶が!


QPママ・マヨネーズ瓶+枠 
瓶入りのマヨネーズもいただきました。
「おもてなしママ キユーピー」の柄がかわいらしい。

早く この瓶を開けてペン立てにしたいので
せっせとマヨネーズを食べています。

箱・缶・瓶 を早く空にしたいから
中身をせっせとかたづける、というのは
あんまりよい大人がやることではありません。

わたくしは ちょいちょいやりますが。





スポンサーサイト
Posted in ボールペン

金銀 BIC

06 19, 2013
わたしらは+枠   



先週、清書を先生宛に投函したので
ここ一週間ほど
のんびりとした気分で
ペン字の稽古をしておりました。


清書を投函すると
ちょいとした“やり遂げた感”があって
(そんなたいした出来の清書を提出したわけでもないのに)
その後 一週間ほど
稽古が のんびりした感じになります。




のんびりと優雅にペン字の稽古をしておりましたら
酷熱の中、全力運転をしているエアコンから
水がポタポタポタ…。

香港のエアコンに よく見られる不具合です。

大家さん所有のエアコンですので
修理の人を手配してもらうべく連絡しました。


しばらくして大家さんから連絡があって曰く、

「メーカーに修理依頼したら
 もう、すごく古い型だから
 修理するより 新しいのを買ったほうがいい、って
 言われたけど どうしよう?」


いやいや、ちょっと水滴が垂れるだけで
あとは正常に動いているんですよ?
買い換えるなんて とんでもない!





昨今はメーカーのカスタマーサービス係さんが
すぐに
「修理代もけっこう高いから
 新しいのを買ったほうがオトクです。」
って言うので そのたびに機嫌を悪くしております。

直せば まだまだ使えるのに
それを捨てて 新しいのを買う、というやり方には
やはり抵抗があります。

ウチはFAX もテレビもオーブンも
二十年以上使っているのが自慢です。
パソコンだって「祝!十周年」ですし。


買ったものを十年も二十年も使われたら
商売あがったりだ!と
メーカーさんはおっしゃるかもしれませんが。




………などと言いながら
筆記具はホイホイ買ってしまうので
わたくしもエラそうなことは言えません。

まだまだ使えるボールペンやジェルペンが
たくさんあるというのに
なんで 買ってしまうかな。

ボールペンやジェルペンなどを買って
使い切った記憶が
数えるほどしかないというのは 問題です。



今年のお正月明けに
近所の文具屋さんで買った
BIC のボールペンです。

金銀BIC+枠 

池の女神に 正直なことを言って
ごほうびにもらった、
かのような
金と銀のまばゆいボールペン。

もちろん、貴金属でできているわけではなく
樹脂にピカピカの塗装をしてあるだけです。

一本、約200円弱でした。

BIC のいわゆる使い捨てタイプのボールペンの
発売六十周年を記念して発売された
特別バージョンだ、とは
文具屋さんの大将の弁。


BIC のボールペンも山盛り持っているのに
あまりにもバカバカしいデザインだったので
うれしくなって買ってしまいました。


ボールペン… せっせとつかわなきゃ。

ボールペンのインクは経年劣化するので
十年物だ、二十年物だ、というのは
自慢にならないのです。






先日、テレビでイギリスの貴族の生活の
ドキュメンタリーを観ていたら
当主が様々な古いモノ自慢。

「このダンスシューズは
 祖父が百年ほど前に買ったものです。」

と 胸を張っていました。


十年物、二十年物では
まだまだヒヨッコです。









Posted in ボールペン

ボールペンの商品名

12 25, 2011
くるみ割り人形+枠

運試しのガチャガチャをやってみたら
狙った“くるみ割り人形”が
一発で出ました。



 毛だるま+枠 

うちのアパートの入り口には
管理人のおじさんたちが
たくさん毛だるまを吊り下げてくれました。



クリスマスを祝う宗教を信仰しているわけではありませんが
クリスマスは嫌いではありません。

光り物が好きな私は
(カラスなみの嗜好)
街の電飾や
キラキラ、ピカピカの飾り付けがうれしいですし
多くの人の消費意欲が高まって
お金が世間をぐるぐる回るのは
たいそう良いことです。

それに なんとなくクリスマスの季節は
人にやさしくなれるような気がします。
普段 人にやさしくない私には
たいそう貴重な時期です。




さて、クリスマス前に
バタバタと過ごしながらも
本屋さんの新着チェックを欠かさず
めでたく入手したのが この雑誌です。

『 GetNavi モノホン Vol.1 』 
 (株)学研パブリッシング 690円

GetNaviモノホン+枠 

今月号の会報で紹介されているのを見て
読みたかったのです。



お目当てはなんといってもこのページ!

山下静雨先生による
【 「サラサラ系」ペン 書き味診断 】!

GetNavi記事+枠 

一本々々の書き味検証もさることながら
ペンを書き比べる時には
どういうところに留意して選べば良いのか、という点が
よくわかって とても勉強になります。

ペン先の感触が硬いか柔らかいか、
紙へのフィット感はどうか、
書き出しはどうか、
止めはどうか、
インクの出はどうか、
インクの発色はどうか、
などなど。






こちらの記事を読んで
ゼブラの“スラリ”というペンを試してみたくなり
徒歩十五分ほどのところにある
大きな文具店に出かけました。

ところが 商品名をメモしてゆくのを
忘れてしまったのです。
三歩あゆめば 何もかも忘れるお年頃なので
カタカナ三文字が ハッキリと思い出せません。

「 スラスラ書ける、スラリ だったかな?
 いや、サラサラ書ける サラリ だったかな?
 ……なんしか 最後に“リ”がついてたような気がする。」

というようなあやふやな記憶を頼りに
ボールペンの棚を捜し始めて、さあ困った。

商品の種類が多すぎて大変です。

「 サラ… スラ… ……
 あった!
 サラサ!
 おや? 最後が“リ”じゃない…。」

「 最後が“リ”… 最後が“リ”…
 あった!
 タプリ!
 おや? サラ、でも スラ、でもない…。」



結局、サラリもスラリも見つからず
未だ 試せておりません。

きちんと商品名をメモしておいて
今度 東京に行った際にでも
しっかりした大きな文具店で
店員さんに捜してもらいましょう。





『 Getnavi モノホン 』を本屋さんで見つけた時、
その隣には
“オレンジ色の万年筆が付録についている雑誌”が
並べられていましたが
分別を発揮して
連れて帰ることはいたしませんでした。

万年筆の付録つき雑誌を衝動買いせずに
目的の雑誌だけ買う、なんて
私も大人になったものですわ。

いつまでも オマケ目当てで物を買うようなことは
していられません。




ガチャガチャは まだまだやりますけれども。







Posted in ボールペン

BIC 油性ボールペン 熱帯地区用

08 17, 2011
petite Amanda+枠


残暑お見舞い申し上げます。

お盆休みには ペン字の稽古に励まれたことと存じます。



尋常な暑さではない夏、
清書作成に油性ボールペンをお使いの方々の中には
苦労なさった方も多いのではないでしょうか。

ボールペンの種類によっては
暑くなりますとボテが多くなるように思います。
気温が上がると油性インクの粘度が低くなるのでしょうか。

“暑い時期のボテ”が怖くて
夏は清書に油性ボールペンを使うことを
躊躇してしまいます。




BICお徳用6本入りパック+枠 

こちらは 近所のディスカウント・ショップで買ってきた
BIC 油性ボールペンのお徳用6本入りパックです。

一本当たり20円弱ぐらいのお値段。



こちらで注目していただきたいのが
貼ってあるステッカーに書かれている文言です。

BIC亜熱帯地区用+枠 

「特に熱帯地区でのご使用に適しています。」

!!!!!

地域の気候に合わせて
油性インクを調合しているのでしょうか?
超廉価版のボールペンなのに。



さっそく 試し書きしてみますと
これがたいそう良いのです。

BICの廉価版、絶対に
じわじわ品質改良してますよね。

色も以前より濃くなっていますし
ボテは出ないし
途切れないし
書き出しがスッとスムーズだし。

軸もシンプルなデザインなので
たいそう持ちやすいです。


とても清書作成に向いている油性ボールペンだと思います。


BIC透明軸 青と茶+枠 
デザインがシンプルで
色も美しい。



日本の油性ボールペンの品質で
こういったデザインの製品があればなあ。




BIC透明軸 青と茶2+枠 

軸の中央に 「France」と印字されています。
あらっ、このお値段で おふらんす製?!
おふらんすで熱帯地区用の製品を作っているの?!


6本入りパッケージの裏側を見ると
・マレーシアBIC
・シンガポールBIC
・香港BIC
・フランスBIC
の四つの住所が書かれています。

一体 どこ製?



実は中国製のBIC+枠 

軸のおしりの方に“CHINA”とありました。
うっすらと、ごくごく控えめに。
(かなり画像を加工してみましたが
 “CHINA”という文字がごらんいただけますでしょうか。)


ふっ、そやろと思うたわ!



Posted in ボールペン

蛙つきボールペン

08 07, 2011





(「高画質」をクリックすると
 FC2有料会員になることを勧めるページに
 とんでしまいますので
 オススメしません)


自慢の蛙つきボールペンを見せびらかしたくて
動画に挑戦してみました。

自分では見られますが
はたして皆さんには
問題なくごらんになれていますでしょうか。



グミックペン
株式会社サカモト
約630円
全五色


グリップをノックすると
ペン上部の蛙が腕立て伏せをします。

なんてすてきなボールペンだ……。

全五色とも 家に連れて帰りたかったのですが
必死でこらえて 緑を一本だけ買いました。
私も大人になったなあ。


Posted in ボールペン
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。