スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝ドラとつけペン

06 25, 2017
ダイハツミゼット_枠

会報『燦』 No.206(2016.10.1) に
NHKドラマ『とと姉ちゃん』のオープニング画面に
つけペン先各種が出ていることの紹介がありました。

山下先生が 『とと姉ちゃん』をごらんになっていたのか、
それとも 奥様がごらんになって
先生に教えてさしあげたのか。

NHK 朝の連続テレビ小説、通称「朝ドラ」は
現代のストーリーも もちろんあるのですが
戦前、戦中、戦後、といった時代背景の話も多く
そうしますと その時代に合わせた筆記道具が出てきまして
けっこうな確率でつけペンが登場します。

2015年に放映された『あさが来た』 では
始末屋(倹約家)の平十郎さんの机の上に
つけペンがありました。
 ↓
平十郎さんの机上 小_枠

この『あさが来た』 というドラマは
「ヒロインが稀代の悪筆」 という
たいそう珍しい設定でした。

「手習いして悪筆を克服するのだろうか、
 それとも一生 悪筆のままで
 いろいろな不利益をこうむったりするのだろうか。」
と 興味を持って観ていました。

ところが 初めの頃こそ
字がきたな過ぎて手紙を捨てられてしまったり、
というようなことがありましたが
ヒロインが大人になってしまうと
字の稽古をした様子もないのに
人並みの字を書くようになっていて
これは納得できへんわ~とモヤモヤした記憶があります。


現在 放映中の『ひよっこ』は
東京オリンピック直前から 話が始まりましたので
つけペンが出るか出ないか微妙なところだな・・・
と思って観ております。

これまでのところ、
ヒロインが家族にあてて手紙を書く時には鉛筆、
警察で警官が調書をとる時には万年筆、
アパートの部屋を借りる賃貸契約書にサインする時にも万年筆、
と、いったところです。

(同じアパートに住む漫画家の卵の部屋には
 さすがにつけペンがありました。)

主演の有村架純さんが万年筆を使って書く場面では
有村さんのひとさし指が反ってしまうぐらい力が入っていて
「万年筆は そんなに力を入れなくても書けますよ、
 って 誰か教えてあげて。」
と ちょっとハラハラしました。


リサラーソンとインク壷

朝ドラですごいな、と思うところは
手紙や書類など
登場人物によって ちゃんと筆跡を変えているところ。

『ひよっこ』でも
ヒロインの親友の時子さんの書く手紙が
とっても豪快で 楽しいです。
私もこんな手紙が書いてみたい。
時子の手紙_枠






 
スポンサーサイト
Posted in つけペン

ゼブラ ハードGペン

11 25, 2015
 
 まねきねことGペン先+枠
ゼブラから新発売になった
『 ハードGペン 』を買ってきました。

これまで いろいろなGペン先を試しましたが
ペン字の清書には使いこなせず
「私はやっぱりさじペンを使おう。」と決めていました。

ですが
「ゼブラのペン先課が
  のべ1000人の漫画家やイラストレーターからヒアリングし、
  その多くから出た要望を約4年かけて開発した商品」
http://www.zebra.co.jp/press/news/2015/0811_1.html

と聞くと やはり試さずにはいられない。

で、買ってきました。
10本入りで1500円。うっ、高い。

 腹天わんことGペン先+枠 

筆圧の弱い私が使ってみた結果ですが
Gペン先の中では いちばんさじペンに近いと思います。

ただ、一般的なさじペンに比べると
線の抑揚や表情がつけにくい。
Gペンというよりは 丸ペンのような感じ。
うんと細い線が書けるわけでもありません。

筆圧が強い方でしたら
また違う感想を持たれるかもしれません。

私は やっぱりさじペンを使い続けることにします。




こちらは 画材店で見かけて買ってきた
『 I・C プレミアムブラック TYPE 1 つけペン用 』
というインク。

わざわざ「つけペン用」とうたっているからには
さぞかし良い線が書けるにちがいない・・・・・。
 
I-C INK 箱+枠

と、大いに期待して 試してみましたが
このインクで書くと
線が太くなってしまいます。
あー、これは使えないわ。
         I-C INK 箱と瓶+枠  

瓶の形は とても安定が良くていいのですが。
( 下の写真・右側の
  PILOT の色彩雫の小瓶のような形は
  安定が悪くて、何度ひっくり返したことか。)

 インク瓶二種とスズメ+枠

で、結局のところ
いつも使っている PILOT の製図用インキに戻る。

そういえば いつぞやの関西自主勉強会でも
「いろいろ試してみるけど
 やっぱり 製図用インキに戻る。」
とおっしゃる方が多かったな・・・・。

この「いろいろ試してみたけど」というのが
とても大切ですね。
 
 インク瓶の箱とパンダ+枠
 
道具にしても 勉強法にしても 何にしても
やはり 自分で何度も何度も
試行と失敗を繰り返して
そうして 自分に合ったものを選ぶ。

試行錯誤を重ねるのは
遠回りをしているようにも思えますが、
その手間、その時間は
けして無駄にはなっていない。(と信じたい)

重ねた失敗を上手く積み重ねると
目標に近づくための踏み台になります。





「試行と失敗」「試行錯誤」、
最近では「トライ アンド エラー」というカタカナ言葉で
使われることが多く、私もそう言っていたのですが
知り合いの大学受験生に言わせると
「トライ アンド エラー」はデタラメ和製英語で
正しくは
「 trial and error 」だそうで。

まあ、恥ずかしい。
また いい加減な和製英語を使ってしまったわ。

和製英語でなくても
カタカナ語を多用するのは避けたいと
心がけているのですが
なかなか難しいところですね。



山下先生の門下生のSSさん、
SSさんは宮城で教職に就いていらっしゃるのですが
異動になられた際に 前任校の父母教師会から
感謝状が贈られました。

その感謝状を拝見する機会がありまして。

『ここだけの話ですが S先生は
 ノートのことを「帳面」と言って、
 子どもたちをとまどわせていましたね。
 「机から帳面出して」・・
 なんとなつかしい響きでしょう。』
(すみません。
 あまりにも感動したもので勝手に感謝状から引用。)

うーん、「帳面」か。
SSさん かっこいい!
「帳面」という言葉を教えてもらった
SSさんの教え子の皆さんは幸せ者ですよ。

私もこれからは 「ノート」なんて言わずに
「帳面」と言おう。

「チケット」なんて言わずに
「切符」と言おう。

「ベビーパウダー」なんて言わずに
「天花粉」と言おう。

・・・・・ などと エラそうなことを言っていますが
ブログのタイトルがすでにいい加減な英語のタイトルだ。
(あ、また「タイトル」なんて言っちゃった。)




Posted in つけペン

Bun 2 (文具無料冊子)

06 07, 2015
君を電車に+枠 
『日本一短い「家族」への手紙』 より。
お父ちゃんが子どもを電車に忘れて降りちゃったのでしょうか。

長嶋茂雄氏は 選手時代に
後楽園球場に一茂ちゃん(当時 小学生)を忘れて
自分だけ帰った、という有名なエピソードがありますが。






駅や店舗でもらえる無料の冊子がいろいろとありますが
力が入った編集で おもしろいものも多いです。

こちらも 毎号 楽しみにしている冊子です。
偶数月1日発行の『Bun 2(ブンツウ)』。
文具店の店頭に置いてあるのを もらってきます。
六月号のテーマは 『手書きの道具にこだわる』 ですわよ、皆さん!

 Bun2 15 06 表紙+枠 
クリックで拡大します。

表紙の写真を見るだけでワクワクしますね。
蒔絵の万年筆にガラスペン、鉛筆に 金色のGペン先ですもの。


今回、「おぉっ!」 とうれしかったのが
ゼブラ・ペン先工場の訪問記です。

ゼブラのペン先工場訪問記1+枠 
クリックで拡大します。


無料の冊子とはいえ、
今 配布中のものをスキャンしてアップするのはいけないかな・・・
問題がありましたらお知らせください。
すぐに削除します。


ゼブラのペン先工場訪問記2+枠
クリックで拡大します。


簡単な工場見学記ですが
昭和な香りを感じ取ることができました。
工場の制服も なんだかとっても昭和でうれしくなってしまう。

驚いたのは
「昨年はペン先の売れ行きが右肩上がりに転じた。」
というところです。

つけペンというのは
静かに絶滅に向かっている道具だと思い込んでいたので
びっくりするやら、うれしいやら。
しかし、誰が買っているの?
マンガを描く人?
ペン字関係の人・・・じゃないですよね、残念ながら。



おや? と思ったのは
“ 均一な太い線が書ける「タマペン」” という箇所です。
(ゼブラでは さじペンのことをタマペンと呼ぶ。)

さじペン(タマペン)はペン字で使われる際に
「均一な太い線」を求められてはいないと思います。
「細くて、適度な抑揚があって キレのある線」を書くために
使われているのではないかしら?





昨年発売された チタンコーティングされたGペン先のことも
詳しく紹介されていますね。

「チタンGペンプロ」、
インターネット上で たいそう良い評価を見ましたので
私も一本買ってきて使ってみましたが
やわらか過ぎて 使いこなせませんでした。

ちょっと力を入れると それがすぐに反映して
線が細くなったり太くなったりするので
抑揚が良く出る、というより
抑揚が出すぎて下品になってしまって。





今夏にはペン先の新製品されるとのこと、
うれしいですね。
どんな新製品だろう。
チタンコーティングのさじペンだったらうれしいな。
もしくは かわいらしいピンクゴールドのペン先とか。




ペン先工場訪問記のほかにも
パイロット社の蒔絵万年筆工房や
銀座・伊東屋のガラスペンの紹介、
三菱鉛筆の鉛筆けずり入社式の話題、
消しゴムについてのコラムなど
興味をそそられる記事がたくさん載っていますので
ぜひ 六月号のBun 2 、お手に取ってみてください。

ただし、
興味をそそられるのと同時に
物欲もそそられますから、
そこは覚悟の上でごらんあそばせ。


Posted in つけペン

つけペン 差し込み口

05 04, 2015
 猫マシュマロ+枠 
(あたためた牛乳に 猫の形のマシュマロを浮かべて。)


山下静雨先生のサイト『ペン字教室』。
五月の更新を ごらんになりましたか。

ペン字研修センターの会員の中にも
「先生のサイトは不定期更新」 だと思っていらっしゃる方が
たまに いらっしゃいますが
先生のサイトは 毎月一日更新です。

くまなく ごらんになって
特に 「ペン字を美しく見せるコツ」 「常用漢字手本」 は
忘れずに保存なさいませ。







一月の勉強会にて
山下先生に道具の話をうかがっている際に
ペン先差し込み口の話が出ました。

「ちょっと古いペン軸だとね、
 あの差し込み口のところが
 ねじの頭のようになっているでしょ。」

あぁ、こういうの ↓ ですね。

YANOHAペン軸差し込み口+枠
(YANOHA のペン軸)



「あれはねじのように回して
 調整できるんですよ。」

えええーっ!
それは 全く存じませんでした。

早速 ねじまわしで回してみますと・・・
あ、本当に 回るではありませんか。


ドライバーで回す+枠


最後まで回すと こんな部品が
ころりと出てきます。
ねじ+枠

ねじまわしで回して
ゆるめたり締めたりすることによって
ペン先がはずしやすくなったり
逆に しっかりと固定したりすることができます。

昔のペン軸ったら よく出来ているんですね。




現在 愛用しているペン軸です。
コイノア ペン軸+枠


差し込み口はこんな形状です。
今、いちばん一般的なのは このタイプではないでしょうか。

コイノア ペン軸差し込み口+枠
(インクと手あかで汚れているのは 見逃してください。)



こちらは ラジカルアートのペン軸です。
ラジカルアート ペン軸 グリップ付き+枠

もともと付いているソフトグリップを外してしまいますと
塗りのない白木の細い軸になります。
すっきりとシンプルでいいですよ。


ラジカルアート ペン軸+枠

ラジカルアートのペン先差し込み口は
ちょっと珍しいですね。
中央の金属芯と 周囲の木の部分の間の溝に
ペン先を差し込みます。
割合 しっかりと固定されます。

ラジカルアート ペン軸差し込み口+枠






これは 現在 画材屋さんで販売されている
カランダッシュのペン軸です。
樹脂の白い軸、お尻が赤くて
すっきりとお洒落です。
さすがは「SWISS MADE 」。
(舶来物に弱いタチです。)

カランダッシュ ペン軸+枠


こちらの差し込み口はこのタイプ。
一見、普通によくあるタイプに見えますが
とってもキツくて ペン先の抜き差しには
ペンチが必要です。
そのぶん しっかりと固定されますけれどもね。

カランダッシュ ペン軸差し込み口+枠






↓ こちらは東京での勉強会にて見せていただいた
カランダッシュの旧型のペン軸の差し込み口。
この形状は これ以外に見たことがありません。

筆圧の強い方が使っても
ペン先が動いてしまう、といった感覚がなくて
たいそう良いとうかがいました。

旧カランダッシュ ペン軸のペン先差し込み口


残念ながら 今ではもう入手できないそうです。

評判が高いのに
そして、多くの方が欲しがっているのに
廃番・絶版になってしまうものって
けっこうありますよね。
三上秋果先生の字典とか・・・・。

三上秋果先生の字典が
どうして絶版になってしまうのか
私には全くわかりません。

見つけたら すかさず
だれかさんのため
確保しなければ~。




Posted in つけペン

ストッパー付 ペン軸

01 11, 2014
大吉ラテ+枠 

新年を迎えて 早や十日あまり。
街はすっかり通常モードに、
どころではありません。

当地、香港は師走のまっただ中でございます。
バタバタ真っ盛りのせわしない日々ですが
街に 赤や金色のめでたいものが増えてくるこの季節は
大好きです。

街を歩けば いろんなところで
笛や中華シンバルのにぎやかな音楽が聞こえるし
店のショウウィンドウには
赤や黄色の中華お獅子の人形が飾ってあるし。



今年はバタバタしていて
一月二日に書き初めをするのを忘れてしまいました。

まあ、いいわ。
旧正月の一月二日に
きちんと書き初めすればいいのよ。
一年に二度 お正月があると
こういう時に便利です。



さて、こちらは
昨年七月のペン字納涼勉強会に参加するため
東京に行った際に 画材屋さんにて買い求めたペン軸です。
ペン軸 SL600 レバー付1+枠 
東京スライダ SL600 レバー付 ペン軸
約500円
(世界堂 新宿本店)



塗り仕上げなしの白木素材のペン軸なのですが
先に なにやら金具がついています。
ペン軸 SL600 レバー付2+枠 

この金具はレバーです。
レバーを立てるとこんな感じ。
ペン軸 SL600 レバー付3+枠 

角度を変えて見てみますと こう。
ペン軸 SL600 レバー付4+枠 

軸先の中はこんなふうになっています。
これまでに買った軸とはちょっと違うようです。
ペン軸 SL600 レバー付5+枠 

このレバーは、ペン先のストッパーになっています。

レバーを立てて
ペン先をすっと差し込んで
レバーを戻すと
 あら不思議、
ペン先がしっかりと固定されます。

ペン軸 SL600 レバー付6+枠 

あら、このペン軸 いいんじゃないの。
私の大好きな白木の軸で
ペン先の取り替え、固定がスムーズ。
新しい定番道具となりますか。
と、いそいそ使ってみましたが・・・。

金具と木軸の境目の段が
ちょうど中指に当たるところにあって
それが気になって仕方ありません。
残念ながら、私には合わないようです。

かなりペン先に近いところを持つ持ち方だから
段のところが気になるのだと思います。

いいペン軸なんだけどなあ。
合わなくて本当に残念です。

ペン先から遠めのところを持つ方、
段差など気にしないという方、
こういった方々には
「このペン軸、最高。」と思われる方が
いらっしゃると思います。

画材店などでごらんになる機会がありましたら
ちょっとお試しください。

私はやっぱり
「割り箸っぽい 素朴なペン軸」を使い続けます。



・・・・・・・そうなのですよね。
ちょうど半年前、
ペン字納涼勉強会で
東京に行ったのです。

そして半年後の今日、一月十一日、
東京ではペン字新年勉強会が行われているはず。

関東地方はずいぶん冷え込んでいるとのことですが
各地からお集まりの皆さん、大丈夫かしら?
あ、ペン字の勉強やペン字を話題としたご歓談に熱く燃えて
寒いなんて感じることはないかしら?

きいいいいいぃーーーーーーーーっ。
(うらやましがっている。)



Posted in つけペン
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。