スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応募は手書き(毛筆)に限る

03 05, 2013
阿原の台北樹蛙せっけん+枠 


本日 蟄虫啓戸(すごもりむし とをひらく)。

もっとも 我が家のヤモリちゃんは
啓蟄を待つことなく
二月下旬から家の中を駆け回っています。

ヤモリのみならず アリや小バエも
活動をはじめていますので
ヤモちゃんには せっせと捕食に励んでいただきたいと
応援しています。





一月の中ごろのことです。

時計代わりにテレビをつけっぱなしにしたまま
オットの朝食を用意していました。

テレビではちょうど“歌会始の儀”が中継されていて
おごそかな雰囲気。

日本の宮中の行事って品があって
テレビで拝見しているだけでも
背筋が伸びるような気がするわ…
などと思いつつ
コーヒー豆を挽いたり
玉子を焼いたりしておりましたら
「……… カ~エ~ル~を~~ ………」
と 聞こえてびっくり。

「今、カエルって言った?
 カエルって言ったよね?!」

一番に朗詠された入選歌が 
最年少の入選者(十二歳の中学生)の歌だったのです。


実は僕 家でカエルを飼ってゐる 夕立来るも鳴かないカエル


おおぉ、カエルのことを詠みこんだ歌が
歌会始の儀で 古式に則った節回しで 朗詠されるとは。

今年は世界のカエルたちに 幸が降りそそぐ
という 予兆かもしれない。


まことに素敵な歌会始でした。





番組の最後に「来年のお題」と「募集要領」が
発表されました。 

詠進要領
「用紙は半紙とし,記載事項は全て毛筆で自書してください」 

おぉ 手書き、しかも毛筆でございますわよ。

ネットで フォームに入力して送信、応募完了!
などというわけにはいかないのです。

うむ、さすがは宮中の行事です。


カエルを詠んだ入選歌、
「手書きに限る」応募要領、
この二つに なんだかうれしくなってしまって
にまにましておりましたら
コーヒーの抽出時間が長くなりすぎて
たいそう濃いコーヒーになってしまいました。
ま、濃いコーヒーでオットも
ピリッと目が覚めて脳みその働きもよくなって良かろう。




もちろん、病気や障害などの理由がある方は
代筆やパソコン、
点字での応募(“詠進”というのですね)も
可です。

また、海外からの応募の場合は
半紙でなくてもよいとのこと。
筆記用具も自由。









 


まるで「間違い探し」のような
二箱のカエルまんじゅうの包装。
カエルまんじゅう二種+枠 




向かって左側は 季節限定おいも味。
カエルまんじゅう おいも味+枠 


一人で二箱のカエルまんじゅうを手にするとは
なんというしあわせ。

花より団子、
両手に花、より 両手にカエルまんじゅう。




スポンサーサイト
Posted in 字を書く環境

いやぁん かわいい!

12 05, 2012
ダダと製図用インク+枠


当地は二週間ほど前から
おひさまが出ず、
どんよりと暗くて
じっとりと湿った
じんわりと寒い日々が
続いておりまして
気分までしめりがちになります。

太陽が出るか出ないかで
これほど気分が違うとは。
おひさまというのは
本当に偉大なものであります。

光合成ができなくて
力が出ない…
けれども 身体が横方向に向かって
順調に成長しているのはどうしてだろう。

明るい自然光が得られないので
ブログ用の写真も撮れません。




こういうときは 何か
楽しくなるような話題でも。

かわいいものを見ると+枠 
  ↑
こちらは読売新聞の切り抜きです。

「 かわいいという感情は
 集中力を呼び覚まし、
 細かな手作業の正確さを高める。」

これはなかなか意表をつかれました。



「 女子は カワイイもん見たら
 テンションが上がるねん。」
と 指摘したのは
海原やすよ・ともこの ともこねえさんでしたが
テンションが上がるだけでなく
集中力や 手作業の正確さまで上がるとは。

これは ペン字の稽古に生かさぬ手はありませんよ。


というわけで
デスク上に 蛙やパンダやダダなど
いろいろと“かわいいもの”を
散りばめてみました。
(散らかした、ともいえます。)

これで お手本どおり正確に書けるようになったら
うれしいのですが。

 
Posted in 字を書く環境

体調良好ナレドモ数値高シ

04 04, 2012
一僕と+枠 


先日、帰省した折りに
人間ドックに行ってきました。

検査結果報告書の判定をざっと見てみると
「注意を要す」ことを示す赤い数値は一つだけ。

ありがたや、ありがたや、
父よ母よ 丈夫に生んでくれてありがとう。
再検査も治療も必要なくて
本当に幸せ者だよ、私は!
 ♪ う~っ、マンモ!

と大いに喜びうかれつつ
検査報告書に書かれている項目が
日頃 見慣れぬ用語ばかりなので
どれどれ ひとつ詳しく見てやろう、と
説明を細かく読みはじめたら…


あっ、数値がどれもこれも
前回に比べて
ずいぶん上がってきていて
基準値の上限ぎりぎりではありませんか!
これは、まずい。
次回は絶対にひっかかる!



なんで 悪玉コレステロールの値が
こんなに上がったのかしら?
お肉の脂身好きが祟ったのだろうか、
それとも 
うずらの焼塩玉子の屋台を贔屓にしているのが
いけないのだろうか。

糖尿病関連の数値もぎりぎりまで上がってしまって…。
一日三度のおやつが原因だろうか。

体重が増加しているのはわかっていたけれども
体脂肪率だの中性脂肪が
すごい上がりよう。
ペン字の腕はなかなか上がらぬのに
脂肪率はぐんぐん上がるわね。

おっ、この数値は下がっている!
と喜んで 何の項目が見てみたら
筋肉率でありました。

筋肉が落ちて 体脂肪率が上がる…
これからは人間神戸牛とでも呼んでいただきましょうか。


もう 無茶をしてはいけない年齢、
なにかと気をつけなければならないお年頃に
なったということですかね。





さて、唯一「赤字で書かれていた要注意項目」は何か
と申しますと それは“矯正視力”です。

眼鏡が合わなくなってきてしまっているのです。
きっと老眼が進んでいるのでしょう。


ペン字の稽古をしていてもどかしいのが
この老眼です。

昼、稽古をするときはまだよいのですが
夜、稽古をするときには
どうもよく見えなくてもどかしい。

もちろん、きっちりと合わせて作ってもらった
良い眼鏡をかけて稽古に臨んでおりますが
それでもなにやら焦点がきっちり合わない感じです。

これはきっとデスク・スタンドの明るさが足りないのだな、と
うんと明るいスタンドに替えたところ
白い紙に反射した光で目がやられて
目が痛いやら 涙が流れるやら
たいへんでした。
サングラスが必要です。

スキー場で 光の反射から目を守るために
ゴーグルをかけるのは当たり前のことですが
夜、ペン字の稽古をするときに
サングラスをかける、というのは
珍妙で あまりやりたくありません。

新年会で 私と同年代のZさんが
「 夜、明るくしてペン字の練習をすると
 頭が冴えてしまって 寝付けなくなる。」
とおっしゃっていらしたのですが
そういう問題もありますね。
全くそのとおりです。



いろいろと文句を言いつつも
この眼で まだこれから何十年も
ペン字を学んでいくのですから
なるべく 大切にしていこうと思います。

今日のおやつは
眼のために
ブルーベリー・ケーキでもいただくとしよう。

  

 

Posted in 字を書く環境

体調良好

04 02, 2012
山間を+枠 

ブログを一ヶ月以上 更新しないで
トップに広告が表示されてしまったわたくしには
激しく耳の痛む課題であります。

表示されてしまった広告は
「薄毛対策」でした。
我が家は代々 髪が多いのが悩みの種なのですが。

Posted in 字を書く環境

『 “手”をめぐる四百字 』

11 01, 2011
白川静先生御手跡+枠 


「あの人は どんな字を書くのかしら。」
という 好奇心を満たしてくれるのが
こちらの書籍です。


手をめぐる四百字+枠 

文化出版社刊

『 “手”をめぐる四百字 』 1,600円(税別)
『 手をめぐる四百字 Ⅱ 』 1,500円(税別)





山田太一氏筆跡+枠 



各冊 約五十人ずつの
“手書き原稿”をそのまま写真で掲載してしまった
楽しくも怖ろしい本です。

“ Ⅱ ” の書き手は女性ばかりですが
一冊目は紳士淑女混合です。


まずは書かれている随筆を読んで
それから字をじっくりと眺め
原稿用紙は何をお使いかを見る。

“他人様の筆跡を見るのが好きな者”にとっては
まさに一粒で何度もおいしい本です。



原稿用紙のマス目の一つ一つを
ちょうどよい大きさの字で
丁寧に埋めていく人、

マス目なぞ無視して
自分のペース、ならぬ 自分の字のサイズで書く人、

誤字脱字が一つもなく
四百字詰めの原稿用紙を
一本の随筆で
ぴったりと埋める人、

書き間違いや修正箇所をぐりぐり塗りつぶしたり
吹き出しを添えて付け加えたり
たいそうにぎやかな感じの書き方をしている人、

読み出したら(見だしたら?)
面白くて やめられない。
そのかわり 読み終えた時の疲労感も激しい。



そういえば 以前、知人の大学教授が
「 学生が手書きのレポートを提出していた時代は
 読んだ後 本当に疲れて疲れて …」
とおっしゃていたことを思い出しました。

大勢の人の手書きを読むと
手書きの重さに当てられて(?)
ぐったり疲れてしまうそうです。



なるべく 読んだ人を疲れさせないような
「クセがなくて 読みやすい字」が書きたいと
常々思っております。

くせがなくて品がある字というのが
目標の一つです。

精進、精進!






……と、本日 頑張る気持ちは山々だったのですが
洗濯機が壊れてしまい
洗濯途中だった泡だらけの山盛りの洗濯物を
人力ですすいだり絞ったりしたものですから
もう、腕と手に力が入らず
稽古にも力が入らなかったのは痛恨の極みです。



荻野アンナ氏筆跡+枠 



Posted in 字を書く環境
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。