スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線が 浅い 深い、とは

01 01, 2016

 書初めは+枠 

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




ペン字を学習するとき、
どうしても字形のことばかりに気を取られがちですが
それと同じぐらいに、いや それ以上に
線質というものを考えていかなければならないと思っています。

極端なことを言ってしまえば
手書きの字の持つ力は
字形よりも 線質に宿るのではないか。

字形については印刷物からでも学ぶことができますが
線質を印刷物から学ぶことは まず不可能でしょう。

入門前、山下静雨先生のご著書を拝見して感動したものですが
入門後、山下先生の肉筆お手本をいただくようになって
「ご著書に載っている先生の字を見て凄い!と思ったけど
 肉筆は こんなものじゃなかった。
 印刷では肉筆の線の凄さはわからないんだ。」
ということがわかって
ちょっと震えてしまったことをよく覚えています。

印刷のお手本でペン字を学習している方たちは
どうやって線質を学んでいらっしゃるのだろう。



しかし、字形についてのテキスト本は巷にあふれていますが
線質について触れたテキストは 現在 非常に少ないようです。
なぜならば 線質に関することを言葉で説明するのは
とてもとても難しいから。

関西の勉強会、また 東京での勉強会でも

「先生に添削していただいたときに
 線に冴えが欲しい、
 線がすっきりするともっと良くなります、
 とご指導いただくけれども
 線の冴えとは?
 どうすれば線がすっきりするのでしょうか。」

という質問が必ず出ます。

十月に東京で開催された山下先生門下の
「ペン字収穫祭」で
山下先生が
「線質を左右するもの、線質に影響するもの」
を一つ一つ挙げて説明してくださいました。

(ちなみに線質に影響するものとして
 例を挙げてくださったのは
 ・下敷き
 ・ペン先の慣れ
 ・紙
 ・スピード(書くときのスピード感)
 などです。)
   
線質について先生が講義してくださった際に
「線の冴え 線が浅い・深い」ということについて
こんなことを話してくださいました。




昔、先生が書道の師匠のところに勉強に行った時に
「山下君はスタイルもいい、上手だけど線が浅い。」
と言われた。

この、線が浅いっていうのがわからない。
どうしてもわからない。

そしたら、師匠が
それは経験でしかわからない。
経験してきてはじめてわかる、と。


それをなんとか ペン字の方で
皆さんにわかるようにお話しをしたい、
どう言ったらわかってもらえるかと
ずっと考えてきました。

先生なりに線の冴えや深みといったことについて
例を挙げてみるとすると
たとえば
「紙をたくさん重ねた上から
 すごく切れるカミソリですーっと切った線」

「やすりみたいに歯ががたがたになったもので
 がりがりってやったもの。」


その違いが
冴えた線であるか、
冴えていない線であるか、
ということではないだろうか。

切れるカミソリですーっと切ったときには
下の紙まで二枚三枚一緒に切れているわけですね。
その深さがある。
線の深みっていうのは
そういうことを言うんじゃないか。

やすりみたいなのでやったら
上の一枚もギザギザに切れてしまうし
下のほうまできれいには切れない。
そういうのは線が浅いっていうこと。





・・・・・・・・いかがです?

ものすごくわかりやすい上に
実に深い話ではありませんか?
このお話しをうかがった時には
感銘を受けすぎて
ちょっとボーっとしてしまいましたよ。

カミソリで深く切った線!

ペン字収穫祭以来  一人でこの話を思い起こしては
うむ、なんてうなづいたりしておりましたが
新年でありますし、特別お年玉企画として
山下先生のこのお話をご披露するものであります。

・・・・なんて お正月から恩着せがましいですね。

線質についてはまだ書きたいこともあるのですが
大晦日の夜更かしと
お餅、おせち、おぜんざいの食べ過ぎで
いささか頭が朦朧としていますので
また次の機会にします。

本年も、ご一緒に
ペン字の道を てくてくと歩いてまいりましょう。
どうぞよろしくご指導くださいね。



スポンサーサイト
Posted in 線と形

れれれ(2)

01 24, 2012

三温糖+枠 

あまりにも寒くて 皆、動けなくなっているのか
本日 我が町は実に静かです。

日頃、様々な音があふれている町なので
あまりにも静かだとコワイのです。

人の声も車の音も聞こえないよう…。
静かすぎるのはイヤだよう…。
静かすぎて正気が保てないような気がするよう…。

ところが いきなり
居間でオットが戦争映画を見はじめて
バリバリいう大きな音が。
ええい、騒々しい。
静かにせんか 全く。

せっかく “シャイニング”ごっこを楽しんでいたのに。





さて、前回とりあげました「れ」の字ですが
知人の坊やが 私の書いた字を見て言ったことがあります。

「 おばちゃん、
 “れ”の字 まちがってるよ!」

おや、どこがまちがっているかな?

( それから おばちゃんじゃなくて
   おねえちゃんって呼んでくれたらうれしいんだけどね。)


坊やが指摘してくれたのは
「 おばちゃんの書いた “れ”の字は
 右と左がつながってなくて 線が切れてる。」
という点です。

おばちゃんはこういう形に書いたけど
れ1+枠 

学校では こう習ったよ、ということです。
れ10+枠 


この坊やに限らず 大人の方でも
初めて ペン字や仮名のお手本をいただいたとき
「 あ、ひらがなの形が
 これまで思っていたのと違う。
 なじみのない形だ。」
と思われた方は 多いのではないでしょうか。

なじみがない形だな、とお思いの際には
そのひらがなの元になった漢字(字母)を見てみると
納得がゆくと思います。


例えば 「れ」の字の字母は「礼」だ、ということを知ると
右と左がつながっていない形にも
合点がゆくのではないのでしょうか。



ご参考までに かな字林の一部を
載せておきます。

左右がつながっているものもあり、
左右が切れているものもあり、
しかしいずれにしても
“ しめすへん ” と “ おつにょう ”を結ぶ線は虚画だから
あんまりしっかり書いてもおかしいわけです。
かな字林「れ」2 かな字林「れ」1




というわけで 字の形の正解は一つではありませんよ、という話。

「 おねえさんのこの説明でわかってくれたかな? 」と
坊やに訊いてみましたが 
不得要領な顔で あいまいに頷くだけ。
ヘタな説明でごめんなさいね。
おねえさん、深く反省。







Posted in 線と形

れれれ(1)

01 22, 2012



初一暦+枠
 


旧暦新年あけましておめでとうございます

恭喜發財 身體健康 世界平和 學業進歩 !



ばたばたと走り続けた師走も終わり
なんとか無事に お正月を迎えることができました。

水仙の花も ぽぽんぽんと開いて良い香りです。

今日は ゆっくりじっくりと字を書こう…。
こんなに静かな休みの日なんて
なかなかありませんから。

横でオットがペン字の稽古をジャマせんとて
「今日はさ、
 トム・クルーズかトニー・レオンの新作でも観に行こうぜ。」と
のたもうております。



お正月の静かな雰囲気は大好きですが
ほんの数日休むために
一ヶ月ほど ばたばたする状況は
毎年々々 自分でもよく理解できません。

ああっ、ばたばたしていて
赤い◎◎◎を買うのをわすれたー!





さて、こちらは
新暦のお正月前の 
新聞の読者投稿花壇より。

(2011年12月19日 読売新聞 読売歌壇)
舞妓のごとき“れ”+枠


ひらがなの「れ」を
横を向いた舞妓さんに例えた歌で
かわいらしいな、と思いました。

「れ」の字の 最後のところを
舞妓さんのだらりの帯に見立てたんですね。

( しかし 選者の俵万智さんは
 “黒髪”だとおっしゃっているわ…。
 舞妓さんがポニーテール? )




ひらがなの中には
「形が好き」 
「書くのが楽しい」
など 自分の好みで
贔屓の(?)字がいくつかありますが
私は「れ」の字が大好きです。

特に 山下先生に教えていただくようになってからは
先生の「れ」の美しさに衝撃を受けて
ますます 「れ」贔屓になりました。


山下先生のお手本から
「れ」コレクション(?)の ごく一部。
旧暦元日から美しいものに触れてください。

れ1+枠  れ2+枠  れ3+枠  

れ9+枠  れ8+枠 



上から続いてくる連綿も受けやすい。
れ4+枠 



そして下の字へも続けやすい。
れ6+枠 



上から下へ受け流す。
れ5+枠 




このお手本をいただいたときには
うれしくて プルプルッと震えてしまったものです。

れ7+枠 


 


  


それにしても旧暦というのは不思議なもので
毎年 旧暦のお正月はきちんと寒くなりますね。
一日中 布団から出たくないような寒さの襲来です。
 
夜は 昨日のうちに仕込んでおいたおでんで
ハフハフと暖まろうと思います。

(オットより
 「おでんでは メシが喰えんではないか!」との抗議の声が。
 聞こえません、聞こえません。)




Posted in 線と形

漢字の大きさ

04 24, 2010
KMBバス停+枠  

先日、T.U.さんからのメールに書かれていた言葉に
ハッとしました。
「漢字の大きさ」についてお書きだったのですが、

“「海」なのに「磯」より小さく…”

おー!
私は単純に
「磯」の方が「海」より画数か多いから
「磯」の方を大きく書かなければ、
と決めつけていましたが
確かに 漢字の意味を考えれば
「海」の方に大きさを感じさせなければならない!

さてはT.U.さん 天才詩人ですか。

「山」や「大」という字を書くときに
“単に画数が少ない字だから小さく”書いてきましたが
なんとなく「違うなあ」と感じた違和感は
ここにありました。
これは良いところに気づかせてもらいました。


かといって「山」や「大」を 
ただ単に大きく書いたのでは
これまたバランスが悪くなること必至です。

もう一度「漢字の意味を考えながら」お手本を見直して
「大きな意味 かつ 画数が少ない字」を
どのように書けば
「雄大さを感じるよう」な字にすることができるのか
これからはそんなことを考えながら
勉強し直したいと思います。




日本で一番低い山は大阪の天保山だそうですが
山下先生にお出しする封筒の宛名書きの「山」は
天保山ではなく富士山を思い浮かべながら書きたいです。





Posted in 線と形

同じ字が何度も

12 05, 2009

蘭芳園の葱油ロウ麺+枠 

 

 

今 取り組んでいる課題のお手本は

五行の文なのですが

その中に同じ字が六回も出てきます。

 

しかし 書き始めるまでは

「同じ字が多い」ことが全く気にならず

書き始めてから

「あら、またこの字。

 あらあら、またこの字。」

と気づきました。

 

それは お手本をよくよく見てみますと

同じ字でもいろいろなくずし方、

また同じくずし方でも

ちょっとした点画の向きや長さの違いで

印象の異なる字形になっているからです。

こういうところは しっかり学ばねば!

 

 

 

一つの課題の中に同じ字が六個…。

自分で課題を選ぶなら まず間違いなく

そういう文は選ばないというか

避けるというか、逃げるというか。

 

たとえ自由課題でそういう文に挑戦してみても

 

「がんばっていろんなくずし方で書いているけど

 書き慣れていないくずし方がつらそう。

 五體字類やら 三体字字典から

 寄せ集めてきたのね。」

 

という感じになってしまいがちです。

 

 

ついつい いつもナントカの一つ覚えのくずし方で

書いてしまいますが

日頃から心がけて いろんなくずし方で書いて

いろいろなくずし方に慣れておくようにしなければならないな、

と痛感しました。

 

 

 

 

“ 字典は「漢字」、事典は「ことがら」

 辞典は「ことば」について説明した書物。

 「漢和字典」「百科事典」「国語辞典」

 などのように使い分ける。”

 

この課題、

“典”が六回、“字”が三回 出てきます。

 

もしお手本無しなら 

自分ではとうてい料理できない課題です。

お手本というのは ほんにありがたいものです。

 

Posted in 線と形
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。