スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PILOT カスタム742 UEF

02 14, 2014
チョコ蛙とブルガリチョコ+枠 

当地は 旧正月の前から
連日 気温が二十℃を軽く越える天気が続きまして
「 立春とは名のみの 初夏の陽気でございます、
 極楽 極楽。」
と 喜んでおりましたら、
立春を過ぎてから
本格的な冬がやってきてしまいました。
寒い。

いでよ、わたくしの脂肪。
おまえの出番だ。

自前の肉襦袢は防寒効果もなし、
じっとしていれば燃焼して体温があがることもなし、
役に立たぬものでございますな。

今年は 出番がないかと思っていた湯たんぽたちを
急遽 出動させました。
朝になっても温かさを保っている湯たんぽたちが
愛おしくてなりません。




さて、寒い寒いと言っているあいだにも
容赦なく 日は進み
お菓子屋さんの店頭に素敵なチョコレートが
山積みにされています。

そのチョコレートを見て思い出しました。
そういえば、チョコレート色の万年筆のことを
まだ書いていなかったかな‥‥‥

カスタム742 UEF 1+枠 
PILOT  カスタム742 ディープレッド UEF



メーカーによる色名は「ディープレッド」
譲ってくださった方によると「えんじ色」。

かなり赤みが少ないので
光の加減によって チョコレート色に見えて
気に入っております。


 


ペン先はUEFです。
UEF とはなんぞや、プロレスの新団体か。

UEF とは Ultra Extra Fine の略。
ペン先が超極細ですよ、ということですね。

実際、ペン先を見ただけで
「あ、すっごく細いっ。」と思います。

カスタム742 UEF 2+枠 

なかなか ペン先に焦点が合うように撮れないのですが
凶器のような尖端のとがり方が
おわかりいただけますでしょうか。

これは、絶対に
筆圧の強い方には向きません。
ぐっと筆圧をかけたら
くにゅっと折れてしまうのではないかと
心配になる細さです。

カスタム742 UEF 4+枠 

PILOT社のペンドクター、広澤氏による
ナガサワ文具限定 特別仕様のペン先だそうで
さじペン先と較べても、まだ細く見えます。

カスタム742 UEF 3+枠 

「 超極細 」 というのは 前にもありました。
エラボーの 一番細いペン先が
SEF ( Super Extra Fine ) です。

 
UEF vs. SEF 、
ウルトラ 対 スーパー、
超極細 対 超極細 で
ちょっと書き較べをしてみました。

線 比較+枠 
(実際よりも かなり拡大した画像です。
 実際の線は もっと細いです。)

左: カスタム742  ペン先 UEF
中: エラボー ペン先 SEF
右: つけペン 日光 さじニューム

UEF は おろしたてのさじペン先と同じぐらい細いです。
UEF のほうが SEF よりも細い。

細いですが、「普通の万年筆のペン先」なので
線に抑揚はつけにくいです。
細くて一本調子な線、といいますか
ちょっと私がびびってしまって
ほとんど筆圧をかけずに書いたので
そうなったものだと思われます。

ペン字の清書には あまり向かないようですね。
細い罫線の便箋に たおやかな字でふみをしたためる時、
手帖など小さな字でいろいろと書き込みたい時、
そういうときには ぴったりだと思います。


細い線が好きで
「細く書ける筆記具、細く書けるペン」と
追求しておりましたが、
先ほど 我が家に到着した
ペン字の回覧誌を見たら
私の線だけ 細すぎて異常です。
うわあ、私はなんで
よりによって
こんな清書を提出してしまったのか。

「 よりによって
 なんでこれを提出したんだろう。」
と 反省するのは
回覧誌が回ってきた時の恒例行事となっております。

この反省を次回の提出に生かせばいいのですが
次回の提出時には そんなこと
ころっと忘れてしまっているであろう我が脳みそ。






スポンサーサイト
Posted in 万年筆

インク吸入シーン

02 24, 2011
香港ガチャガチャ 饗宴+枠 

『イングロリアス・バスターズ』
(2009年 アメリカ
 監督:クエンティン・タランティーノ
 出演:クリストフ・ヴァルツ ブラッド・ピット)



映画、『イングロリアス・バスターズ』の冒頭、
名優クリストフ・ヴァルツが演じる
ナチス親衛隊SSの大佐が 
万年筆にインクを吸入するシーンがあります。

映画の中に“インク吸入シーン”が出てくるのは
とても珍しい。

「さては、重要な伏線かっ?!」と思ってわくわくしていたら
別にそういうわけではありませんでした。



あの万年筆の吸入方式は一体なんでしょう。
一動作で バシュッと吸い上げ完了しています。

凝り性のタランティーノ監督のことですから
きっと あの万年筆もインクも吸入方式も
“見る人が見ればわかる
 あの時代のああいう軍人が持つべき品”
なのだと思いますが
残念ながら 万年筆の歴史についての素養がなくて
全く わかりません。 


尋問に取りかかる前、
どきどきしている相手をじらすかのように
おもむろにインク瓶を取り出して
慣れた手つきで万年筆にインクを吸入する…
クリストフ・ヴァルツの名優ぶりを堪能しました。



それにくらべて 
私自身が万年筆にインクを吸入する際の
手際の悪いこと、悪いこと!
必ず 手にインクがついてしまいます。

万年筆用のブルーブラックのインクは
石鹸でこすってもなかなか落ちないので
しばらく 手に青黒いシミをつけていることになり、
いささか憂鬱を感じます。




   
Posted in 万年筆

パイロット 色彩雫 iroshizuku

02 22, 2011
PILOT 色雫+枠 


いただきもののインクです。

パイロット
色彩雫  iroshizuku
月夜 tsuki-yo
50ml
約1575円



知人が
「 インク もろてんけど
  もう、インクなんか全然使わへんやん。
  でも あぁた 確か硬筆やってはったから
  ひょっとしてインクとか使いはるかと思うて…。
    なんか高そうなインクやよ。」
と送ってくれました。

捨ててしまったりせず、
私のことを思い出してくれてどうもありがとう、ありがとう!



この色彩雫というインク、
インク瓶がなんともいえず 美しいです。

インク瓶のコレクターさんは男性が多いようですが
こういうインク瓶が増えれば
これまで香水瓶を集めていた女性が
インク瓶方面にも参戦してくるようになるかもしれません。


あまりにも美しい瓶なので
中のインクを他のボトルに移し、
ペン字用インクを入れて
日常に使おうと思いました。

が、残念ながら
このインク瓶は 「つけペン用に毎日使う。」のには
向いていないようです。

その理由は 口とボトル部分のサイズのバランス。
ボトル部分が大きく深いわりには
口が小さいので
つけペンを差し込んだり
コンバーターつきの万年筆でインクを吸入する際に
軸がインクで汚れやすいのです。

日常使いには やはりジェントルインクのような
浅めで口が大きな どすこい体型の瓶が
いちばん良いようです。
どすこい体型のインク瓶ですと
ひっくり返すことも少ないでしょうし。




デスクの上に置いて
毎日 眺めております。
紫外線にさらされっぱなしなので
インクの色が変わってきてしまうかもしれません。

そういえば 瓶のことばっかりうれしそうに言っていて
インクのことについては 全く言及しておりませんでした。
私ってパッケージに弱いなあ…。

この色【月夜 tsuki-yo】は しぶい青緑色で
落ち着いた大人に似合う色です。





Posted in 万年筆

プラチナ カーボンインク

02 20, 2011
プラチナ・カーボンインク+枠

文具屋さんのインクが並べられている棚で
目に飛び込んできたこのインク。

プラチナ カーボンインク
ブラック
60cc
約1575円



“本格真っ黒文字用”と書かれているところが
私の心をつかみました。
おお、このインクを使えば
ツヤツヤ黒々と美しい本格的な書が書けるのだろうか。

“カーボンインク”って万年筆に入れてもいいのかな?

店員さんに 万年筆に入れてもよいのかどうか訊いてみると
「万年筆に入れて使えますが
 なるべくその万年筆は
 マメに頻繁に使うようにしてください。」
とのこと。
マメに頻繁にペン字の稽古をせよ、ということですか。
おしりまでたたいてくれるインクです。



購入して帰宅、
早速 試し書きしてみますと…
 
インク試し書き2+枠 
左から

*さじペン プラチナカーボンインク

*万年筆(エラボー) ジェントルインク
*さじペン ジェントルインク
*さじペン 証券用インク


たしかに“真っ黒文字”ですが
線がすごく太くなってしまいます。

右二つと同じペン先で書いたのですが
ペン先がどうにかなったのか?!と
思わず確かめてしまうほどの太さ。
残念ながら これはペン字の清書向きではないようです。




セーラー社のサイトの商品説明によると
「水溶性ではない為、一度乾燥すると再び溶けない」
そうです。
線が太く、真っ黒で、水にもにじまない、というのは
封筒の宛名書き用途にぴったりですね。

せいぜい せっせと宛名書きに使うことにします。
しかし 60cc 入っていますからね…。
60cc 宛名書きで使い切るのはなかなか大変。
これは「たくさん清書を提出したまえ。」と
おしりをたたいてくれているのでしょうか。





Posted in 万年筆

セーラー 万年筆用ボトルインク ジェントル

02 19, 2011
セーラー・ジェントルインク+枠    

「万年筆で清書を!」と意気込んで 
奮発して購入しました 
パイロット社の万年筆、復刻版エラボー。

ところが
パイロットの万年筆用 黒インクを入れてみたところが
しゃばしゃばと水っぽい書き味で
線の抑揚が出にくかったり
にじんでしまったりと
ペン字の清書に使うには少々難アリでした。

そこで 『趣味の文具箱』 vol.1 綴じ込みの
“万年筆インクカタログ”を見てみましたところ
国産インクでは セーラー社の黒インクが
いちばん濃いようでしたので
早速 買ってまいりました。

セーラー
万年筆用ボトルインク ジェントル
ブラック
50ml
約1050円



早速 試し書きしてみましたところ
確かに こっくりと濃い黒で
ペン字の清書向きです。

インク試し書き1+枠 
右から
*さじペン 証券用インク
*さじペン ジェントルインク
*万年筆(エラボー) ジェントルインク


パソコンの画像では なかなか
線質をうまく表すことができませんが
証券用インクとよく似た線が出まして
これはうれしい!

万年筆で“つけペンに近い線”を出すには
エラボー+ジェントルインク・ブラック+上質紙が
いちばんよい組み合わせだと思います。

ただ、やはり証券用インクに比べて
乾きは遅いですので
一行書いて次の行にうつる際には
吸取紙を使ったほうが安全です。


このジェントルインクのインク瓶の形ですが
ぼてっとしていて下半身がどすこい体型、
とても他人とは思えないわ…。

浅いボトルなので インクの量が少なくなってきたら
困るかも、と思ったのですが
“インクリザーバー”とやらが付いているので
その心配は不要のようです。

インク瓶の口もたいそう大きくて
使いやすいです。




濃い黒ですので
ペン字の清書以外の用途で
“味のある線”を出すのは難しいかも知れません。

太いペン先の万年筆で
「万年筆を使っていますよ~」という線を出すには
パイロットのインクのような
色が淡めのしゃばしゃばしたインクの方が向いているようです。





さあ、これで万年筆清書用の
良いインクが見つかったことですし
あとは自分の努力だけです。




Posted in 万年筆
リンク
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。